雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

全国医師協同組合連合会などの単医協の団体扱いが可能か

投稿日:

「全国医師協同組合連合会」は、医師の便宜を図るために設立された協同組合の連合体で、医師会の裏方として医師およびその関係者の福祉に寄与することを目的としています。その全国医師協同組合連合会の事業の一部として、生損保保険料の団体収納を行っています。

全国医師協同組合連合会、あるいは単医協を収納団体とすることで、生命保険料は「団体A」扱いとなります。国内生保のほとんどと一部カタカナ・損保系生命保険会社での扱いが可能です。

医師に生命保険を提案する場合、取扱生命保険会社が「全国医師協同組合連合会」あるいは「大阪医師協同組合」などの単医協の団体扱いが可能となっているかについても、あらかじめ調べておきます。

ドクターの多くが加入する「保険医年金」に加入しています。この年金は、月払い1人30囗(30万円)、一時払い1人1回に40囗(1囗50万円、最高2,000万円)まで加入することができ、10・15・20年の確定年金を年金請求時に選択します。

月払いは払込中断、払込再開の取扱いが可能で、月払い、一時払いとも中途解約ができるなど、ドクターサイドに立った柔軟な運営が特徴です。最近でこそ利回りは低下しましたが、他の金融商品と比較すると今でも確定給付商品としては最高水準の利回りとなっています。

全国医師協同組合連合会では

終身医療保障ニーズや死亡保障ニーズなどに応えるためには、ドクターが既に加入している他社契約に加え、各種保障制度についても詳しくヒアリングしておく必要があります。

対象契約は、全国医師協同組合連合会では医師、歯科医、獣医(医師免許番号を有する者)およびそれらの同居家族。医療法人では従業員の福利厚生のために加入する契約となっています。

全国医師協同組合連合会では、単医協の一部では歯科医などの収納はできないなど、取り扱いに差異がありますから、この点もあらかじめ所属・取扱生命保険会社にて確認しておきます。

ドクターの多くはこの全国医師協同組合連合会の制度を知っており、通常の「口座月払い」などで対応すると、つまらないトラブルになることがあります。

一般的に貯蓄志向の強いのもドクターの特徴で、生命保険も貯蓄性のある商品を一般に選択します。終身保険や養老保険の比率が高いと言えるでしょう。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

生命保険で損をしないために-転換などしなくてもいいという意見

転換などしなくても、自分の目的に合った保険は必ずあるので、自分のニーズに合わせて選び、目標(金額・期間)を決めれば、どういう保険が最適かおのずから分かり、簡単に最良の選択ができる。もし今までに転換させ …

no image

相続税とはその財産にかかる税金

相続税は、もらった財産をおおむね時価で評価し、それに対する税金を、相続したときから六ヶ月以内に、原則として現金で納めなければなりません。 相続税とは、個人が法定相続(民法に定められた順位に従って、法定 …

no image

逓増定期保険とは?また逓減定期保険についても解説

逓増定期保険は契約金が一定の率で増加していく。契約した死亡保障額が普通の保険では変わらない(変額保険は別)が、逓減定期保険は逓増定期保険と逆に契約金が一定の率で減っていく。 生命保険会社によって増えて …

no image

年金の受取り方法はどの方法が有利なのか?

年金(純粋)終身年金では、年金の支払開始後は一時金で受け取ることはできません。確定年金の場合は、残り期間に対する年金の現価をいつでも一時金として受け取れます。でもらうのはよいが、もし途中でまとまったお …

no image

生命保険料控除制度について

生命保険と税金生命保険に加入した場合、契約者側からみて保険制度は、一つは保険料を支払い、もう一つはそのリターンとして保険金(または給付金)を受け取る、という二つの流れになりますが、この二つの流れのそれ …