雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

部屋が雑誌の山になっていないか

投稿日:

・部屋の片隅が雑誌の山になっていないか

どうしても保存しておきたいという場合は、収納方法をちょっと工夫してみよう。雑誌は、読み終わったら古紙回収などに出してしまうのがいちばんスッキリする処分法だが、種類別にきちんと分類して本棚などに入れるのがもっとも簡単だ。収納スペースがなくて部屋の片隅に積み上げられているようなら、好みの柄の大きめの布ですっぽり包んでおくといい。種類別に分けて包めば、大きさもそろうので見た目もきれいだし、部屋のインテリアに合わせて布の柄や色を選べば、ちょっとしたアクセントにもなる。これなら部屋の隅や机の下などに置いてあっても、ゴチャゴチャした感じはさけられそうだ。

どうしても残しておきたい雑誌の保存法

同じサイズの雑誌を平らに積み上げ、崩れない程度の一定の高さにしたら、それを二つ間隔において並べ、その間に板を渡す。これで1段の棚のでき上がり。どうしても保存したい雑誌が増えて、書架にも入らないし、段ボール箱に詰めるとどれがどれやらわからなくなるというなら雑誌そのもので書架をつくってしまうという手も考えられる。その上にまた雑誌を積み上げて板を渡すようにすれば2段、3段とつながる棚の完成だ。積み上げる雑誌の冊数で、棚の間隔も自在なところがいい。

クタッと倒れさせずに保管する

部屋の隅に積み上げておくというのではダメ。雑誌類は、立てておいてもすぐにクタッと倒れてしまって、ブックエンドなどの助けでもないときちんと整理できない。そこで、ビールなどの丈夫な空き箱を利用して、何冊かずつきちんと立てて保管しよう。よくオフィスなどで使われている書類立てのように、タイトルが見えるぶんだけ切り取ってきれいな紙でも貼れば、おしゃれなインテリアにもマッチするすっきりとした雑誌立てのでき上がり。こうしてつくった箱に保管していって、もうこれ以上入らない、ということになったら古い号から処分していく。こうすれば、常に一定期間のバックナンバーだけをもっていることになる。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

棚やフックの取りつけはDIYの最初の一歩

棚やフックの取りつけは、DIYの最初の一歩です。壁や場所によりいろいろな方法がありますので、目的に応じたやり方を選びましょう。棚やフックの取りつけ方法を覚えると、色々と応用できますので、覚えておきまし …

no image

便器に流れる水が止まらない場合

ロータンク式のトイレは、簡単にいえば、流した水と同量の水をタンクの中にため、そして流すという繰返しの仕掛けです。ですから、レバーを動かしても便器へ水が出ないときは、タンク内に水がない。水が飛び散らない …

no image

効果的な絨毯のダニ退治方法

・じゅうたんのダニ対策 じゅうたんの場合は、梅雨時と夏のあいだにダニが繁殖してしまうなんて恐ろしいことも考えられる。冬はじゅうたん、夏はゴザ、と使い分けている家庭では、シーズンオフになって敷物を押し入 …

no image

壁紙をきっちりと貼るコツやポイント

壁紙を貼る場合、壁紙は実際の壁の寸法より、五センチぐらい長めに切り、上下に少し余りがでるようにはります。必ずなでバケを使い、周囲になるべく空気を追い出すようにしてはります。二枚目の紙をはったときの継ぎ …

no image

ベッドに小物置き・入れを自作で作る

・ベッドに自作の小物入れを 部屋が広くて、ベッドのレイアウトに自由がきくというなら、問題ない。宮付きと呼ばれるべッドのへッド部分に棚のついたタイプなら問題はない。ただ、平均的なマンションや建て売りの狭 …