雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

雑誌編集大手も記者のほうは慎重にしなければならない

投稿日:

デザイナーがエディターを説き伏せて、特集ページに自社製品を出してもらいたがるのも無理はない。そうなれば、その雑誌のファッション専門家のお墨付きをもらって無料広告を打てたことになるのだから。広告主、つまり自分たちの分の請求書を支払ってくれる相手に好意的な態度をとり、時々多めにページを割いたりするわけだ。記事なのか広告なのかをわざと曖昧にしておくことで有名な大手の雑誌もある。

記者のほうは慎重にしなければならない。デザイナーの気に障るようなことをしたら、座席をもらえず後ろの方に立たされるか、最悪の場合は招待状をもらえないことになってしまう。ファッション・ショーが見られるのは、基本的に招待客だけである。誰を招待するか(またはしないか)はデザイナーの自由。ファッション・メディアが批判というものをしないのは、主として、自ら報じる対象である業界に財政依存しているせいらしい。

小さな事業がどれだけ潤ったことか

小さな事業がどれだけ潤ったことか。物置きみたいな部屋で黙々と作業してる姿を思い浮かべてもみてよ。そのバッグ、二五〇ドルくらいだったんだけど、二〇〇〇個もオーダーが入ったんですって。ある時、この雑誌のウェディング特集記事に、新人デザイナーが推ったハンドバッグを使ったことがあったそうだ。そのデザイナーから手紙が来たのよ。もしこの手紙が参んでいたら、それは嫡し涙です。反響があまりに大きかったものですから、ってね。

イン・スタイルで取り上げてもらえれば造幣資格をもらったも同然だって、みんなよく言ってたわ。ピープルのマーサ・ネルソンが言う。ファッション・ビジネスで批判は歓迎されない。コレクションを膨したりすれば、もう二度と招待されないかもしれないのだ。また、ジャーナリストは、座席表を作る人の不興を買わないよう気をつけなければならない。トップクラスのライターが招待されなかったり、悪い席を割り当てられたりしたら大事件だ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

服は何を買っていいかわからないという夫と買い物に行きましょう

その頃から、私はスタイリストになるのが夢と言っていたので、夫はいちばんの良き理解者。夫は高校の同級生です。私、意外と一途な女なんです。彼なしでは、私のいまの生活は存在しない、と断言できます。家事にも育 …

no image

自分に合うスタイルを貫くこともオシャレの鉄則

ルイ・ヴィトンをはじめとするパリファッションが世界で成功したのは、実はパリジェンヌ以外の女性に大いに宣伝をしたからにほかならない。ファッションを売る立場からすると、パリはあまり美味しい市場ではないとい …

no image

ミンクの農場には大きな小屋が六つ

「捕まっても裏切りっこなしだぜ」。それから、運転手役のドッドソンを除いた全員がどやどやと車から降り、農場を囲む高さ一・五メートルの棚をよじ登った。農場内には大きな小屋が六つ。その中には、一匹ずつミンク …

no image

GAPの世界にある色々な店舗

バークシャー州には、ウィンザー城や、へンリー六世が創立した有名な男子校イートン校もある。こうした歴史あるバークシャー州とその周辺に、GAPが八軒。メイデンへッド店でアルバイト店員をしている学生は、バイ …

no image

パリ16区やヌイイなどの高級住宅街のマダムのオシャレ

・パリのマダムのエレガンス 一六区とヌイイは、パリの中でも高級住宅街のイメージが強い。そこに足を踏み入れると、アパルトマンのベランダで植木に水をやったり、小さな犬の散歩をするときにさえ、仕立てのよさそ …