雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

残留農薬基準の設定などについて

投稿日:

輸入食品の問題の一つは、ポストハーベスト農薬です。貯蔵や輸送の間に虫に食われたり、カビが生えないようにするために、十分にたっぷりとかけられているのです。食品が使用されるまで有効成分濃度の農薬が残存しています。

ソバの自給率はたった一四パーセント。トウモロコシにいたっては自給率一パーセント、大豆の自給率は五パーセントです。私たちが農業をしなくなってしまったのは、けっして、私たちの怠け心からではなく、政府がそのようにし向けているからです。けれども、これらの値は、いかに私たちの食生活が異常であるかを示していると思います。

農薬が食品中にどれだけ残っていてもよいかをきめた数値が「残留農薬基準」です。厚生労働省が、食品衛生法に基づき、農薬ごとにきめています。ppm(一〇〇万分の一)という単位であらわします。たとえば、二OO二年に問題になった中国産の冷凍ホウレンソウに残っていた殺虫剤のクロルビリホスの場合、残留基準は〇・〇一ppmです。このときのホウレンソウからは、最高値二・五ppmのクロルビリホスが見つかりました。残留基準の二五倍という値です。

小麦などの穀物には

小麦などの穀物には、貯蔵時に粉末状または液体状の農薬が散布されます。そのため、農民連食品分析センターで分析した結果では、小麦粉、パン、麺類、学校給食パンなどからマラチオン、フェニトロチオン、クロルピリホスメチル等の有機リン系の殺虫剤が検出されているということです。これらの薬は中枢神経や脊髄)に害をあたえることがわかっています。

クロルビリホスの残留基準は、エダマメやレタスは〇・一ppm、コマツナやブロッコリーは二ppm、ダイコンの根は三ppmときめられています。種類によって残留基準がちがっているのは、それぞれの食品に基準値近くまで農葉が残っていたと仮定して、それを一生にわたって毎日食べ続けても「一日摂取許容量(ADI)」の八割以内におさまるようにきめてあるからです。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

ロンドンスモッグ事件に見る酸性雨の恐怖

一九五一年十二月五日からわずか五日間に、四〇〇〇人もの死者を出した「ロンドン殺人スモッグ」が起きました。このときの酸性雨のpHは1・5で、胃酸なみの強烈なものでした。男女ともすべての年齢層に被害が及ん …

no image

フロンの温暖化に対する影響

フロンガスが大問題です。フロンはオゾン層を破壊する化学物質ですが、地球温暖化に対する影響も極めて大きいのです。二酸化炭素と比べて、数千倍から一万五倍の温室効果があります。フロン全体で温室効果の二四%に …

no image

在庫ゼロ方式を実現させたのはコスト対策のため

在庫の保管代もかさみます。日本のように地価の高い国では、在庫保管のための経費が収益の足を引っ張る大きな要因になることも少なくありませんでした。トヨタ自動車が、世界に先駆けてカンバン方式(ジャスト・イン …

no image

アンチ・グローバリゼーションの五万人を超えるNGOの激しいデモ

アンチ・グローバリゼーションの旗を掲げて集まった五万人を超えるNGOの激しいデモ行動は、「二〇世紀の常識」に対する批判の始まりのようにも思えます。一方、それぞれの国の政治家にとっても、生態系の複雑なメ …

no image

食品添加物の安全性の評価

私たちは、商品を手にとって、添加物の欄を点検する必要があります。瓶詰めなどは比較的添加物が少ないのですが、添加物をまったく使っていない製品もありますので、多少高くても、そのような製品を買いましょう。消 …