雑学

遊女はどうやって避妊したのか?信じられないその方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンネの日記は

遊女はどうやって避妊したのか?信じられないその方法

遊女はどうやって避妊したのかご存知だろうか。昭和の赤線時代の娼婦たちは、和紙の代わりに膣の中に小さなスポンジをいれて精液を吸い取らせていた。また、少なくとも、江戸時代には、遊女流の避妊術があり、彼女たちは膣の中にやわらかい和紙をいれて、今でいうペッサリーの代わりにしていた。

コンドームもピルもなかった時代、昔の遊女たちは、こうやって避妊していたようだ。しかし、いうまでもないがこれらの手段には、ほとんど避妊効果はない。

吉野紙という和紙を湿らせて押し込んでおく方法

一般的なのは吉野紙という和紙を湿らせて押し込んでおく方法ですが、また、基本的には「洗浄」だったといいます。遊女用の浴室や便所には、必ず洗浄用の場所があったようです。

「遊女三千」といわれた吉原。華やかな衣装に身をつつんだ遊女たちの生涯は苦難の連続でした。

一晩に5人以上の男性と寝ることもあった遊女たちは、もちろん妊娠しまくりだったんです。

妊娠についての科学的な知識の乏しかった江戸時代は迷信に近い方法も含めかなり幼稚な方法がとられていたようです。

左利きの武士は刀を反対側に差した?

もともと刀を振るのは物を投げるのとは違って剣術の技術はどちらかの片手の力が大きく影響するものではない。利き腕だけで力まかせに振り回しても、相手が斬れるものではない。いざというとき、右手で刀を抜くため、昔の侍は刀を左の腰にさしていた。というと左利きの武士は刀を右の腰にさしていなと思えるが、現実にはそうする武士はいなかった。

野球のバッティングと似ていて

これは、やはり両手を使う野球のバッティングと似ていて、右り者は、左手でバット操作して、右手は添える程度。
利き手とは逆の左手がうまく使えないと、好打者にはなれない。いざ相手に打ちこむときは、むしろ左手が強く働き、右手は方向性を定める働きをする。だから、左利きの侍が左の腰にさしても、大きな問題はなかったのだ。

大名の国替え引越し事情

国替えになると、まず城内の諸道具や帳簿をそろえて、新城主に引き継がなければならない。手続きや手順がうまくいかず、大騒ぎになる大名家も少なくなかった。江戸時代の大名の国替えというと、何百人、何千人もの社員とその家族全員が、同時に転勤し、引っ越すようなもの。

移転先に十分な家がなければ、到着しても落ちつく先がない。また、家臣の家族らが一時にどっと押しかけては、先方の城下町が大混乱になる。その一方、移転先へ出向き、藩士全家族の引っ越しの準備をうちあわせなければならない。

そこで、夫人や子供を三〇〜五〇人ずつにわけ、順番に引っ越したが、自分たちで荷車を引いて何百キロも歩いたため、道中で病気にかかる人もいた。とくに、雨の多い時期には、病人が続出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加