雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

有精卵と無精卵の違いを訴えるある先生

投稿日:

有精卵と無精卵をそれぞれ温めると、有精卵には生命が生まれ、無精卵は腐ってしまいます。有精卵と無精卵には生と死という大きな隔たりがあります。ですから、人知をはるかに超えた説明できない何か、が、有精卵と無精卵の間にはあるのでしょう。

ある先生は有精卵と無精卵との間にはいままで認識されていなかった、何かがあると考えられたようです。そのなんだかわからない生命エネルギーに重要な意味があると言うのです。その認識が人間を理解するときに非常に重要なポイントになるのではないかと感じています。

栄養学的に分析しても、種々のビタミン、ミネラル、良質のたんばく質をバランスをとの目標を掲げ「一日三〇品目」食べましょうとすすめました。しかし、ゾウも牛も一品目しか食べていないのです。大切なことは、「生命のない食物は生命の権にならない」ということなのだろうとある先生は考えます。

有精卵と無精卵は全く異なるもの

卵について、前々からひとつ疑問に思っていたことがあります。有精卵と無精卵には差がありません。栄養学的には有精卵も無精卵もまったく同じだそうです。しかし、ある先生の考えによると、有精卵と無精卵は全く異なるものになります。

いまの栄養学は、卵一個のなかにたんぱく、脂肪、ビタミンなどがそれぞれどれだけの量が含まれているのかを調べるだけの、いわゆる分析学にすぎません。たとえば、牛乳にはすごく栄養があります。生まれたばかりの牛の子どもを短期間であんなに大きく育てるのですから、たしかに高栄養食品と言えるでしょう。

陸上で一番大きな動物のゾウは体重が六〇〇〇キログラムもあります。ところが、ゾウが何を食べているかというと、草だけです。私たちにお乳と肉を提供してくれる牛にしても、やはり草しか食べていません。人間も肉を食べるのなら、牛を全部丸ごと食べるべきなのです。牛の皮も骨も内臓も全部食べれば、全体食になりますから、とある先生は話しています。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

わかっているけどやめられないことを今すぐやめる

正しい知識をもって、快適で健やかな生き方を少しずつとりいれながら、わたしたちの命にとってよいもの、悪いものをそのまま認識できる力をとりもどしていきましょう。わたしたちの生命には、決して判断を間違うこと …

no image

アロマオイルペパーミントは奇跡の薬になると専門家がいう理由

テキサス州にあるウイリアム・ボーモント陸軍メディカル・センターの言語病理学者、ドナ・ルイスは緊張頭痛を治すのにべパーミント・オイルを数回使って、アセトアミノフェンよりも明らかに優れていますという。彼女 …

no image

弟切草というハーブはうつ病に対して最高の薬

ドイツでは弟切草の抽出物は一般のうつ病に対して最高の薬になっており、他の抗うつ薬を全部合わせたよりも売れている。昔から親しまれてきたこのハーブは安く手に入る。あなたが軽度から中度のうつ病で苦しんでおら …

no image

瞑想は思考能力を高める働きをする

アタマは何かを考えるときは、いろいろな組み合わせを超高速で行っています。ですから、誰のアタマも膨大な組み合わせ、つまりアイディアを作り出しているわけです。でも、そのことに気づかなければ何も思いつきませ …

no image

オメガ3脂肪酸は関節炎の痛みを緩和する

・オメガ3脂肪酸は関節炎の痛みを緩和する べルギーで行われた一つの研究では、一日に魚の油でオメガ3脂肪酸を二六〇〇ミリグラム摂っていると痛みが減り、握力が強くなっただけでなく、約半数の被験者が非ステロ …