雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

有権者は争点ではなく個人的な資質に目を向けさせられた

投稿日:

有権者は争点ではなく、個人的な資質に目を向けさせられた。一般大衆がエリートと見解を異にする問題は、一般に議題から外されていた。有権者の間では、といっても富裕層に大きく偏っているが、自分たちの階級の利益が危ういことに気づいている人々は、往々にしてそうした利益を守るために投票する。つまり、二つのビジネス政党のうち、より反動的な方にである。労働者の間では、銃の所有、信心深さといった経済以外の問題が争点となり、そのために彼らはしばしば自らの本来の利益に反する投票をすることになった明らかに、選択の余地はあまりないと護てのことだろう。

一般大衆では別の形で票が割れ、二〇〇〇年の選挙のように、時にはそれが統計上の同点に繋がる場合もある。産業界の指導者が昔から説いていたのは、大衆に無益の哲学と人生における目的の欠如を押し付け、硫行を追う消費によってほぼ成り立つ表面的な事柄に、人々の関心を向けさせる必要性だった。

民主主義の名残りがあるとすれば日用品を選択する権利くらい

民主主義の名残りがあるとすれば、日用品を選択する権利くらいだ。二〇〇〇年には、無力感が過去最高のレベルに達し、五〇%を上回った。彼らは自らの運命を企業経営者や広報産業に委ね、政治の領域では、権力に仕え、それを管理する自称知的少数派に全てを任せてしまうのである。幼児期からそうしたプロパガンダにどっぶりと浸かっていれば、人は無意味で従属的な人生を受け入れ、自分たちの手で物事を掌握しようなどというばかげた考えは忘れるかもしれない。

エリートの見解ではお馴染みのこうした観点からすれば、二〇〇〇年一月の選挙はアメリカの民主主義の欠点を明るみに出したのではなく、むしろその勝利を示していたのだ。そして一般的に言えば、民主主義の勝利を西半球一帯で祝うことも、それ以外の場所で歓迎するのも、たとえその国の人々がそう見なさなくても正当なことなのである。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

目的と手段に関する2つの曖昧さをめぐって

ユーゴスラヴィアは、ヨシフ・チトーJosifTito)の共産党による全体主義的支配の下にあった。1948年に、ギリシャ共産党支持の問題を含めて、ユーゴスラヴィアの外交政策を統制しようとするスターリンと …

no image

アメリカ一極支配と見なすものを世界各国が恐れている

世界ではますます多くの人々が、ブッシュ大統領の方がイラクのサダム・フセインよりも世界平和にとって大きな脅威だと考えていた。世界各地のアメリカ大使館からのメッセージは、緊急かつ憂慮すべきものになったと、 …

no image

アメリカはならず者超大国になりつつあり外部からの最大の脅威!?

クリントン時代に、傑出した政治アナリストのサミュエル・ハンチントンはこう述べている。世界の多くの地域にとって、アメリカはならず者超大国になりつつあり、他国の社会に対する外部からの唯一最大の脅威と考えら …

no image

アメリカの対テロ戦争は新たなテロリストの避難所を創り出しただけ

フィナンシャル・タイムズ紙の編集者は、ジッダにおけるテロリストの残虐行為について予期できなくはなかったとコメントしたが、それは正しい。社会政治的に微妙な問題は、爆撃やミサイル攻撃では解消できないと、二 …

no image

東ティモール-新たな人道的介入の規範と共に啓蒙の時代を象徴

東ティモールは、新たな人道的介入の規範と共に、啓蒙の時代を象徴するきわめて重要な事例として祭り上げられた。だが、実際には介入は行われず、いわんや人道的介入は実施されなかった。一連の仮想事件を考案し、そ …