雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

裕福か貧しいかなどを服で境界を分けた時代

投稿日:

今日では境目が曖昧になっているものの、服はまだある程度まで集団の差別化に利用されている。裕福か貧しいか、リベラルかコンサバか、流行に敏感かそうでないか、などだ。一九世紀も終わりに近づいた頃には、プレタポルテ既製服がオートクチュール(誕えの服)に取って代わり、階級間に存在した数多くの垣根が取り払われっつあった。ファッションの民主化とも呼ばれる現象がある。

体を縛り付けるコルセットや硬い布地、ハィ・ヒールは、それを身に付けるのがどんな人物かを如実に物語る。明らかに、彼(彼女)は労働というものをしていなかった。その必要がなかったのである。時が経つうちに、服はただ暖かさと体の保護のためだけでなく、コミュニケーションの、それもしばしば排他的な手段として使われるようになり、ヨーロッパでルネッサンスが花開く頃には、完成されたアートの一形式兼ステータス・シンボルへと進化を遂げていた。

服で見栄を張る人間もいまだに存在するが

服で見栄を張る人間もいまだに存在する。ただし、必ずしもこれまでのようにあからきまではないけれども。デザイナーのオリジナルを手に入れられるのはまだ富裕層に限られているわけだが、現在では、そうしたデザインを離形とした一般大衆向けのイミテーションが多数存在するため、上下の階級スタイルの溝もかなり埋まってきている。オートクチュールを買えるのは世界で二〇〇〇人(一〇〇〇人と言う人もいる)にも満たず、そのうち常連はわずか一〇〇人。

現在のトレンドには、ほとはしり出る感じの勢いがある。製造技術が進歩し、ファッションに対するメディアの注目度も高まったことで、トレンドが瞬く間に広まるようになり、ファッション業界内に新たな流れが作り出されている。五〇〇ドルのオリジナルと三〇ドルのイミテーションが同時に店頭に並べば、両者の違いなどないも同然だ。こうしてファッションが庶民にも親しみやすい存在になったことで、トレンド支配の時代、どんなにバカげた流行でも輝くチャンスがある時代への道が開かれたようである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

火の広がりやすい条件を作ってしまう電気乾燥機

当時の主婦が衣類を洗濯して干す際には、現代のような素晴らしい技術など存在しなかった。研究者が洗濯機と乾燥機という現代的な手段を用いて同じテストを行うと、可燃性テストをクリアできない衣類が出てきた。また …

no image

アパレル会社はセレブとつるめばすぐに話題になることを知っている

エドワード・ノートンは、二〇〇二年のデス・トゥ・スムーチーでアルマーニを着たがったという。問題は、彼の役柄がヒッピーだったことだ。彼にはああいう服を着てほしくはなかったんだけど、でも・・まあ、彼のこと …

no image

過度のダイエットという罠に落ちる人は大抵がもともと傷つきやすい人

一五歳の少女がファッション誌を隅から隅まで眺めていれば、正常なボディ・サイズについて、ちょっとばかり歪んだ見方をしたまま育ってもおかしくはない。ファッションもそのひとつである可能性は?もちろんある。拒 …

no image

表紙にはクリスチャンディオールの水着を着たカルメン

東方向への信号が青に変わるのを待っていたカルメンは、ダーク・デニムのロー・ライダーとベーシックな黒のタンク・トップというプレーンないでたちながら、光り輝いていた。ミッドタウンで働く人々が、ピザを詰め込 …

no image

フランク・ミュラーの時計に一目ぼれしたある女性の買い物話

最近、時計を購入してしまいました、ちうある女性。それは、仕事で立ち寄ったショップでふと見かけたフランク・ミュラーの時計。 黒のフェイスに、縁はピンクゴールド、クロコのベルトで、メンズタイプのごつめのデ …