雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

輸入車の維持費が必ずしも高いとは限らない

投稿日:2014年11月4日 更新日:

自分が命を乗せている機械が、今、どんな状態なのか把握することは、本来、ドライバーの義務だというのに、ー年に一度の点検、うっかりすると2年に一度の車検以外、ディーラーへ行くことはなく、もちろん自分でボンネットの中を覗いたことなどない、という人が多い。国産車に対していつも点検整備をしている人は意外と少ないだろう。

しかし、これまで日本人は、傷んで具合が悪くなったクルマは乗り換えればいい、と考えてきたし、メーカーも早めに乗り換えてもらったほうが儲かるから、小まめな手間をかけるより、乗り換えるまではもつようなクルマ作りをしてきた。もちろん、いかに手間いらずに作られた国産車でも、こんなふうに酷使されれば傷みは早い。

しかし、もはやそんなわがままを言うユーザーも、それに合わせたクルマを作ったメーカーも、自己責任というグローバルスタンダードから外れていると言うべきだ。日本の経済そのものが、そうした代替サイクルによって成り立ってきたのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

10万キロを経たクルマでも

いいものを長く使う、という生活スタイルは、これからの日本でも見習うべきだろう。輸入車は、常に愛を注ぎ、コンスタントに必要な整備をすることを前提に作られ、その結果としてたとえ10年、10万キロを経たクルマでも、消耗部品の交換で初期の性能を取り戻すクルマが多い。

車検にかかるお金とは、税金や諸手続き費用といった公的なものと、整備代や部品代といった物理的なものがあるが、公的な費用は排気量と車重によって決められており、国産車と輸入車で変わるわけではない。多くの人が輸入車の維持費の高さを語るとき、引き合いに出すのが車検代の高さだ。しかし、輸入車だから車検にお金がかかるというのは誤りだ。

ちなみに小まめに手間をかけたとして、たとえベンツであってもかかる維持費は国産車の車検が毎年受けられる程度、金額にして10~15万円を見込んでおけば、たとえ多少古くて距離を走っている中古車でも、いつも快適に走れるはずだ。

違いが出るのは物理的な費用なのだが、これは先に述べたような日常のメンテナンスを怠るオーナーが日本人には多いため、2年に一度の車検の時になって、それが一度にどっと噴出することで部品交換の金額がかさむと考えるべきである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車のスポーツ性能を重視する編集者が作る雑誌

車のスポーツ性を重視する編集者が作る雑誌は、少数の走り屋や、クルマに憧れの気持ちを抱いている人のためにはいいのかもしれませんが、普通の暮らしに使いたいユーザーには、あまり参考になりません。最高のクルマ …

no image

プリウスアルファ-燃費と環境性能と高度な技術の感覚を継承

プリウスアルファ(α)は、2011年5月13日に日本で発売されたハイブリッドカーで、名前のようにプリウスのミニバンバージョンに該当する。当初4月発売予定だったが、日本の大地震の影響で延期された。プリウ …

no image

車の安全装置と二次三次安全の効果の確認

三次安全は、衝突してしまったあとの二次災害の防止です。車内に閉じこめられた乗員を救出しやすい構造にしたり、衝突によるガソリンの漏れを防止して火災の発生をふせぎ、シートや内張りを燃えにくい材料にしてたと …

no image

パサート2.0 TDIが一度の給油で2616.9kmを走行し世界新記録

フォルクスワーゲンの中型車パサート2.0 TDIが一度の給油で2616.9km(1626.1マイル)を走行し、世界新記録を樹立した。 世界最高燃費記録を保有しているジョンとヘレン·テイラー(John …

no image

スバルインプレッサの魅力

インプレッサをつくる富士重工には、ワゴンブームで大人気のレガシィがある。もちろん荷物をたくさん積むためにはレガシィもいいとは思うが、乗用車として使うには、少々ボディが長すぎるきらいがある。 ヨーロッパ …