雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

輸入車ディーラーは都市部に比べて地方には少ない

投稿日:2014年11月5日 更新日:

クルマの場合判を押してしまうとクーリングオフが効かず、契約が成立してしまうから注意したい。見積書と称して、そこに注文書のタイトルが併記されており、見積書の方を消せば契約書に化けてしまう、という酷いやり方をするような悪質店の中には見種書を見た証拠に判を押してくださいなどと言う店もあるが、これに判を押してはいけない。

これは通信販売でも店頭でも同じだ。買わないのに何かの書類に判を押すことはあり得ないと心得よう。要は通信販売といっても、デリバリー以外の段取りは通常の中古車選びと同じと考え、必ず自分の目で店とクルマを確認して買うことが肝心ということだ。

メカニズム的には、よほどのスーパーカーでもなければ国産車と大きな違いはないが、地方では輸入車への危ない人の乗り物、といった偏見が根強く、面倒を嫌う工場では門前払いされてしまうケースがまだあるようだ。こうした妙な色眼鏡が解消されないかぎり、日本人の真の国際化は難しいと思う。並行輸入車ならなおのこと、近郊に面倒を見てくれる工場が確保できて、初めてクルマ探しを始めるくらいのつもりでないと、なかなか大変だ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

自店が売ったクルマ以外のメンテナンスは受けない

地方の某車正規ディーラーで、自店が売ったクルマ以外のメンテナンスは受けない、というバカな店があった。要は仁義の問題なのだろうが、こんな商売をしているようでは、正規ディーラーと言っても明日はない。ちなみに販売店に工場のツテがない場合、ディーラー車(正規輸入車)なら近辺のディーラーでメンテナンスを受けられるか、調べておいたほうがいい。

また、地方に行くと、近在に輸入車など見かけることもなく、ディーラーもないという所も多い。増えたといっても、まだまだ一般的とまでは行っていない輸入車の需要は、やはり都市部、とくに東京周辺に集中している。まして中古車となると、流通量のほとんどは東京周辺で消費されているのが現状だ。このあたりは解消して欲しいところだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

電気自動車「モデルS(Model S)」がついに発売

化石燃料を使用せずに、爆発的な走行が可能な電気自動車「モデルS(Model S)」がついに発売。 米国の日刊紙USAトゥデイは(現地時間)美電気自動車メーカー「テスラ·モーターズ」で製作したモデルSが …

no image

コンバーチブルGT、XKR-Sコンバーチブルが初めて登場

ジャガー史上最も強力かつ高速なコンバーチブルGT(Grand Touring)、XKR-Sコンバーチブルが初めて登場した。 最高速度300km / hに達する最新型5.0リッターAJ-V8直噴エンジン …

no image

自動ブレーキの開発

きっちりとした完璧な自動ブレーキ開発にはまだ時間がかかりそうです。それには工学的な面だけではなく、医学・心理学から果ては倫理面まで、記録される必要があるでしょう。 間違ったハンドル操作は、対向車との衝 …

no image

プリウスはモーターとエンジンを併用して走るハイブリッドカー

プリウスはモーターとエンジンを併用して走るハイブリッドカーで、現時点で世界一の省エネ、低公害の自動車です。自分で積極的に選ぶ甲斐のあるクルマ、多少なりとも乗っていて誇りの持てそうなモデル、言い換えると …

no image

メーター巻き戻しがされた車は素人では見抜けない

じっくり内装を見れば、誰にだって使い込み具合はわかるもの。先入観を捨てて、じっくりチェック。メーターの数字だけ見て安心しているから、メーター巻き戻しなんて古典的な技がいつまでもなくならない。クルマは総 …