雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

輸入品を取り扱う場合などの注意点

投稿日:2015年5月23日 更新日:

ネットショップ開業に必要な届け出や許可

・輸入品を取り扱う場合

子どもがなめたり口に入れたりする可能性のある乳幼児用具は「食品衛生法」による規制があります。食品が触れる食器(皿や調理器具など)は「食品衛生法」による規制があります。精肉や食肉の加工品などは「食品衛生法」と「家畜伝染病予防法」による規制があります。

動物は厳しく規制され、商業目的での取引特に食品などの衛生的に検閲する必要のは禁止されています。のるものや子どもが利用するものの安全性主な規制輸入商品と規制内容販売目的で食品を輸入した場合、「食品衛生法」や「植物防痩法」の規制があります。

海外からの輸入品を取り扱う場合、商品などがチェックされます。また、動物の毛によっては規制があり、届け出る場所や規皮などを輸入する場合、絶滅の恐れのある制内容も異なるので注意が必要です。

・動物を取り扱う場合

犬や猫などのペット(動物)を取り扱う業務停止命令措置があります。「動物取扱業届出書」の提出が必要届け出書類等は各都道府県により異なります。

食品衛生責任者の届け出

・必要書類

営業許可申請書(営業設備の大要・平面図などを記したものなど)
食品衛生責任者の届け出(食品衛生責任設置届、食品衛生責任者の資格を証明する書類の写しなど)
従事者の検便成績書水質検査成績書(井戸水の場合)

・届け出の申請方法

食品衛生法に基づく営業許可はネットショップの所在地を管轄する保健所に申請します。衛生的で安全な環境でない場合、許可がおりないこともあるので注意が必要です。

・税務署に申告する必要

ネットショップで得た収入は、税務署に申告する必要があります。収入を自分で申告し、納税の手続きを行うことを確定申告といいます。サラリーマンの場合は年末調整を行うことで確定申告の必要はありませんが、個人事業で収入が発生した場合は確定申告を行います。

確定申告の方法や毎日の売上チェックの方法を確認しておきましょう。一定の収入がある人は申告の義務あり個人でネットショップを運営し、売上がある一定条件を満たす場合、雑所得として税務署に申告しなければなりません。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ショップ名を付けよう-オリジナルドメインを利用する

インターネットを新しい事業として捉えるなら、新たにインターネット用のショップ名を付けたほうがいい。オリジナルドメインを利用すると、多少ランニングコストは増すが、それでもショップとして大きくしていくので …

no image

btocビジネスなどのSEO施策について

SEOを施すとページ内に含まれる様々なキーワードの組み合わせで、GoogleやYahoo!などの検索結果に上位表示されます。そのため施策前と施策後では、進入キーワードのバリエーションが大きく向上します …

no image

情緒的な修飾や形容詞的表現はいらない

うまい文章を書くアグレッシブな近道は、コンスタントなトレーニングにチャレンジするのがベストです。日本語でふつうに書くのがうまい文章、つまり、どこがうまいかわからない文章を書くコツです。うまい文章を書く …

no image

アフィリエイトを始める前に知っておきたい色々な基本

アフイリエイトは広告ですが、企業やネットショップは、自らの商品を広告としてASPに出稿しています。よって、ASPは報酬発生の計算や支払いまで両者の仲介役となって、アフィリエイトのサービスを提供するので …

no image

ホームページの集客方法-アクセスアップの手順

ホームページのアクセスアップの手順としては、まず検索エンジンに登録し、リンク集や掲示板などを活用しながら、ホームページ宣伝用のメールマガジンで宣伝してもらう。そうしてアクセスしてくれたお客に自社をアピ …