雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ゆで卵の茹で汁を冷まして植木にかけると元気になる

投稿日:

・ゆで卵の汁は冷まして植木にかける

ジャーッと流しに捨ててしまう人もいれば、とっておいてあとで食器洗いに使うというしっかり屋さんもいる。朝食にゆで卵を作る家庭では、そのゆで汁をどうしているだろう?このゆで汁の中には、ミネラルが豊富にふくまれている。だから、そのまま捨てるのはもったいない。冷ましておけば、植木の水やりに使えるのだ。わざわざ栄養剤や肥料を与えなくても、ゆで汁に溶け込んだミネラルがそのまま栄養となるから、植木もごきげん。朝食を終えるころには、熱い湯も冷めて室温ぐらいになっているからちょうどいい。人間が食べ終わったら、こんどは植木にもたっぷりと栄養をあげよう。ただし、塩を入れたゆで汁はダメなのでご注意を。

葉に光沢を生み出す秘誌は

光沢を出すには、なんとワインを飲ませるといいのだそう。元気な観葉植物は、葉に光沢があってツヤツヤしているもの。飲み残してボトルに少しだけ余ってしまったワインは、捨てずにそのまま植木鉢の中へ。ワインを残すなんてもったいない、というお酒好きなら、わざわざ残さなくても大丈夫。カラになったボトルに水を少し入れて、手でフタをしてよく振り、ほんのりワイン風味になった水をかけてやるだけでもいい。これは南フランスではよくやっていることである。おいしいワインは、人間だけで飲むのではなく、同じ屋根の下にいる植物たちにも分けてやる。そんな愛情も植物にとっての滋養になるのだろう。

観葉植物のホコリを一気に取る

ラクにきれいにするには、雨の日がチャンス。部屋にある観葉植物は、気づかないうちに汚れているものだが、細かい葉っぱの植物だったりすると、1枚1枚葉を磨くのは大変だ。室内の観葉植物の鉢を、ベランダや庭の雨の当たる場所に出してやるのだ。雨のシャワーが葉のホコリを落としてきれいにしてくれるし、自然のシャワーを浴びて葉は生き生きと群る。ただし、天候や季節を考慮することを忘れずに。あまり土砂降りだと根腐れする可能性があるし、風の強い日や寒い冬の日も避けること。ほどよい温度、ほどよい雨の強さの日を選ぶようにしよう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

ティッシュの空き箱に文庫本を収納するワザ

・文庫本はティッシュの空き箱に収納する 発行部数の少ないものは再び手に入らなくなってしまう場合があるが、名のある人気作家の作品は、わざわざ保管しなくても再版だってあるし、古本屋で安価でいつでも手に入る …

no image

主婦の家庭での時間の取れない悩み

まとめて何かをしようとしても、その時間が取れない、というのが正直なところ。だからといって、片づけないのもなんとなくスッキリしない。それならいっそ、家事をしながら整理・整頓してみてはどうでしょう。忙しく …

no image

テーブルの下にスライド式のカゴをつける

・テーブルの下にスライド式のカゴ 日本の家庭の場合、ダイニングテーブルといっても、食事以外のときは、書き物をしたり、新聞を読んだり、何か別の用事で使っていることが多い。そこで、いざ食事のときにテープル …

no image

高価なジュエリーはリフォームしてしまおう

・高価な宝石類は捨てずにリフォーム 死蔵品は捨てるというモノの処分の鉄則も、宝石類にだけは当てはまらない。ジュエリーは捨てられないアクセサリーの代表だ。たとえば、婚約指輪でもらったダイヤの立て爪指輪が …

no image

統一感のある、まとまり感のある部屋を作るには

・まとまり感のある部屋を作るには センスのよい家具や小物が置かれている部屋なのに、なぜか落ち着かなかったり、雑然とした印象をうけることがある。それは、部屋全体にまとまりがないから。まず、コレクションし …