雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ユーザビリティとデザインの関連性

投稿日:2015年1月25日 更新日:

~ユーザビリティとデザインの関連性~

ユーザビリティを高めるために検討すべきデザインの要素を中心に考えていきましょう。デザインは、ユーザーの知覚イメージに大きな影響を与えるとともに、ユーザビリティの効果にも大きく作用します。デザインの評価は個人的な好みに左右されがちで、一見、論理的な説明が難しいように感じられます。しかしデザインがしっくりこない場合、多くは個人の好き嫌いではなく、はっきりとした理由や欠点が存在しているものです。そして、その欠点の多くが、ユーザビリティに関する欠点である場合が多いようです。

美辞ではなくユーザーの使っている言葉を

・美辞ではなく、ユーザーの使っている言葉を意識する

ユーザーの検索需要などを調べてコピーを考えてみましょう。強い感情を呼び起こすコピーが実現できれば、ビジネスを大きく変えることにつながります。そのためには、ユーザーを理解し、競合を知り、自社のポジションを明確にしたうえで、コピーをつくることが重要です。ユーザーが普段使っている言葉をコピーライティングに流用することは、その関連性を強めるためのひとつの解決策です。

サイトに訪問してきたユーザーが最初に意識するのは、自分の興味や問題とどのように関係があるかということです。美しく自社の商品を見せようという思いが強いばかりに美辞や麗句ばかりを並べてしまうケースがありますが、情報に恵まれた現在のユーザーは口当たりのよい言葉に反応しなくなってきており、時として甘言のように映って逆効果になります。

・見出しを利用

飛ばし読みをするユーザーも、この見出し部分だけを読めばエッセンスが伝わるように構成することが重要です。長い文章を読ませる方法としては、段落を細かく分け、それぞれに見出しをつける方法があります。長い文章は読んでもらえない確率が高くなります。見出しをつけることにより、文章がかなり読みやすくなるのです。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

スパイウェアの侵入経路-事前に防ぐことが重要

スパイウェアがパソコンへ侵入するパターンはいくつかあります。 ひとつは、Webサイトを閲覧していて、困ることがあります。それは、ブラウザなどのセキュリティホールから侵入するケースです。この場合は、一般 …

no image

試行錯誤を繰り返すことをしないと売り上げは上がらない

ネットショップで売上を上げるためには、時期的なものであれば、いまの時期に見合った商品仕入れてくることが必要になることもあるだろう。商品の見せ方が悪いのであればホームページを作りなおすことも必要だし、価 …

no image

1つのブランドを確立したらそこから広げていくと成功する

実際に日本で完全なブランドが確立されているカテゴリーはそれほど多くはなく、まだまだこれからという感がある。ブランドの例としてよく取り上げられるアマゾンドットコムだが、アマゾンドットコムはどんなショップ …

no image

商品が破損してクレームがあったら

・商品が破損していたとクレームがあった 顧客と相談して送りやすいかたちを選んでもらうのもよいでしょう。ショップ側の処理ですが、配達を請け負った宅配便や郵便局へ補償を求めることもできます。宅配便やゆうパ …

no image

ネットショップの構想、コンセプトを決める

具体的なネットショップを開業するためのコンセプトづくりを考えていきます。 ネットショップのコンセプトの考え方を解説していきましょう。 ~ネットショップのコンセプト作成と差別化~ たとえば、テーマは時計 …