雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ユーザーをセグメンテーションし関連性の高いメールを配信する

投稿日:2015年3月29日 更新日:

・ユーザーをセグメンテーションし、関連性の高いメールを配信する

購読者は女性なのに男性向け商品の紹介メールばかりが送られてきたらどうでしょう。このような関連性のないメールを送らないためには、ユーザーをセグメントし関連性のある情報を配信することが望ましいと言えるでしょう。メール会員の申し込み時に入力されたEメールアドレスに対してメールを配信します。

メールを受け取ったユーザーは、メール上に掲載されたリンクをクリックし最終的な購読申し込みを行います。多くのメールマガジンが、ユーザーをセグメントせずに同一の情報を送付していますが、自分の興味以外のメールマガジンを開封したときの経験はマイナスに作用する場合があるので注意が必要です。ユーザーに適した情報を配信し続ければ、効果の高いメールマーケティングが実現します。

・効果的なダブルオプトインを取り入れる

ダブルオプトインとは、入会手続きの途中でメール配信を行い、メールアドレスを通じて本人認証をとる方法です。
入会の手続きには、ダブルオプトインを取ると有効です。この方法を取れば、なりすましなどの不正登録を防ぐこともでき、アドレスの入力ミスなどの機会損失を防ぐこともできます。

ユーザー属性によるセグメンテーション

・ユーザー属性によるセグメンテーション

性別、年齢、職業、住所、学歴、家族構成、会社規模、性別によってもユーザーのニーズは大きく違う。情報を活用しユーザーの欲しい情報と関連性を高めることができれば、受信者の興味を喚起することにつながるかもしれません。嗜好性によるセグメンテーション興味のある商品やサービス、情報について、購読申し込み時に事前にアンケートをしておけば、ユーザーの趣味嗜好に合わせた情報発信が可能になります。

・購入履歴によるセグメンテーション

購入した商品やサービスの種類によってもユーザーのニーズが違う可能性があり、セグメンテーションが必要になるかもしれません。購入や申し込みの経験の有無、直近で購入したユーザーなのか、長い期間購入から遠ざかっているユーザーなのかによっても、コミュニケーションの仕方は変わってきます。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

Googleアナリティクスなどで流入キーワードをチェックする

・検索エンジンからの流入キーワードのバリエーション SEOを施すと、ページ内にある様々なキーワードの組み合わせにより、多くのワードが上位表示されます。そのため流入キーワードのバリエーションが大きく向上 …

no image

ユーザビリティの本質とは?

トップページからいかに下層ページにユーザーを誘導するかを考えてきた従来のユーザビリティの考え方は過去のものになり、すべてのページがランディングページであると意識することが必要になってきました。ユーザビ …

no image

webトップページはお店の入り口となるので印象を上げよう

トップページはお店の入り口となる。トップページがショップの個性の塊であれば、お客の印象もより強く残るので、自分の言葉を使って文章を作り上げなくてはならない。自信をもったくどき文句には、お客も思わず納得 …

no image

PDCAサイクルを参考にしたメルマガ見直す方法

メルマガの内容を管理して内容を常に改善できる環境を作りましょう。事業活動を行う際のマネジメントサイクルと呼ばれる「PDCAサイクル」を参考にしたメルマガ見直し方法があります。 メルマガの中には、多くの …

no image

解析ツールはおおまかに3種類に分類される

~低コスト(ソフト購入)をとるか、運用の柔軟性(ASP)をとるか~ 解析ツールは、おおまかに3種類に分類されます。 ・ネットワーク上のデータそのものを解析するパケットキャプチャリング型 ・ページひとつ …