雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ユーザーインタビューを使いより深くユーザーのマインドを知る

投稿日:2015年1月18日 更新日:

~ユーザーインタビューを使い、より深くユーザーのマインドを知る~

情報が偏らないように治験者の数が多いほうが理想ですが、1人だけでも新しい発見につながる情報を得ることができる場合があります。サイトリニューアルの場合、このような調査を行わず、制作会社に委託する場合も多いのですが、できれば少人数でもよいので、ユーザーのインタビューを行うことをお勧めします。

ユーザーの肉声からは、直観的な好き嫌いをはじめ、本音に近い意見から新しい発見を得られる可能性があります。
とくにサイトリニューアルにおいては、現在のウエブサイトを見てもらい正直に意見を語ってもらうことで、データだけではわからない、弱点、問題点をつかむこともできます。ユーザーに直接インタビューすることにより、アンケートの調査では捉えることができなかったユーザーの正直な意見を集めることができます。

専門的なビジネスでないかぎり、ターゲットに近いユーザーを身近から集めてくることは比較的容易だと思いますが、困難な場合は専門の業者にお願いしてもよいでしょう。さらに、より活発な意見やユーザー心理を抽出する方法としては、複数の調査対象者を用意して行われるグループインタビューも有効な手段です。

低コストで情報を集められるネットリサーチ

より俯瞭的な調査が必要な場合は、インターネットリサーチの会社などを使うことをお勧めします。多くのモニターを組織化しているため、既存ユーザー以外の意見を集めることが可能になります。ネット上で調査を行うため、スピーディーかつ低予算で行えることが魅力です。

・株式会社マクロミル(QuickMil:7万円(5問まで/希望サンプル数100まで)
・gooリサーチライト:5万円(10問まで/回収目標数100まで)〜

ターゲットの明確化やユーザー別ニーズの深い理解が必要であれば、積極的に取り入れてみましょう。
性別や年齢、またはエリアの違いなどによって、購入決定の要因や購入プロセスなどが、大きく異なることはめずらしくありません。アンケートやネットリサーチの大きな特徴は、性別や年齢などの属性情報とのクロス集計が可能であることです。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ドロップシッピングの仕組みや基本的なことを覚えておこう

ドロップシッピングに基本的なしくみを覚えておきましょう。ドロップシッピングは、企業(メーカー、小売など)とASPが契約を結んで、商品を確保。ASPは、ネットショップ運営者であるドロップシッパーに委託販 …

no image

コンテンツ連動型広告の仕組みやおすすめのポイント

中小企業にとって、比較的安価で導入がしやすく、潜在ユーザーにリーチを可能にしてくれる媒体としてコンテンツ連動型広告について説明したいと思います。 ・コンテンツ連動型広告(クリック保証型広告) コンテン …

no image

グーグルアクセス解析設置してみよう

ネットショップを運営している人なら、自分のショップのアクセス状況は気になるはずです。どんな人が、どこからのリンクをたどって訪れているのか、アクセスが多いのはどの時間帯かといった情報がわかれば、より効果 …

no image

競合他社各社のコピーを確認してみる

~競合各社のコピーを確認してみる~ 自分の強みとは何かを再考してみよう。自社にとっても活用できる視点や表現があるかもしれない。他社はどのように自社商品やプロダクトを表現しユーザーの気持ちをとらえようと …

no image

ネットショップを始めるには

ネットショップを始めるにはさまざまな準備が必要ですが、ここではまず、ショップのWebサイトを作る方法について考えてみましよう。イはじめてネットショップを作る場合、何から準備すればいいのかわからない人も …