雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

ユーモアを磨く方法は独創性にあり

投稿日:

ユーモアを磨く方法は独創性にあり。
日常生活の基本的な精神が欧米のそれと肩を並べた時、日本人にもすぐれたユーモアが培われることでしょう。今は無理をして言葉だけのユーモアを真似しないことです。それよりも先に、よく笑うことです。大きな声で笑うことです。

内向的なおとなしい人に、君の話にはユーモアがないと指摘しても無理です。今の日本人の段階では、誰しもがユーモアを持ち、理解するわけにはいきません。それよりもまず明るいおおらかな心を持つことです。そうすれば黙っていても周囲の人は楽しくなるのです。

テレビや映画などで日本のドタバタ喜劇とアメリカのドタバタを見くらべてみれば、喜劇以前に何を日本人がしなければならないかが一目瞭然です。日本の喜劇がどことなく湿っぽく、単に他人の悪口と他人いじめに終始していて、セリフもやせた感じでふくらみがないのに、アメリカのそれは、知識層にも受け入れられ、痛烈な皮肉が、軽妙なセリフとなって飛び出してきています。

ユーモアには独創性が必要です

ユーモアには独創性が必要です。頭の回転の速さ、カンのよさから生まれます。日本人が今、自らのユーモアの乏しさを省みているのはよい傾向です。朗らかに暮らすことです。そのなかからユーモアはひとりでに芽生えてくるでしょう。ユーモアは今の段階では話術の問題ではないのです。

今あなたは、あなたの話のなかにユーモアがないことを悲観する必要はないのです。ユーモラスに話す方法など、そう簡単に身につくものではありません。言葉だけ面白いものを並べても、調子やタイミングが合わなければ、下手な落語と同じで、かえってあわれになるばかりです。無理に笑わせようとして、人におっちょこちょいな人間と見られる必要はありません。ユーモアばかりが話術ではないのです。少なくともユーモアの点では、日本人とアメリカ人とでは、ゴム風船と宇宙飛行船ぐらいの差があるようです。それは彼我の精神構造の違いから生まれてきているものです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

他人の会話を観察してヒントを得る

観察される人には申しわけありませんが、他人が夢中になって話しているのを、じっと眺めているのはちょっと楽しいことです。その方法として、一分間だけ正確にかぞえられる練習をしてください。 人の会話の時間をは …

no image

人と話すときの距離を意識していますか?

人と話す場合の距離というのは、会話をする上で実は重要です。その人の声量や、相手の聴覚にもよりますが、普通の人であれば、十二メートル以内ならば話はできます。しかし、話と言っても、正常な会話ができるはずは …

no image

感動しているかをしっかりとキャッチ

アメリカ映画『ザ・エージェント』。トム・クルーズ主演のこの映画、テーマはコミュニケーションです。お手本にできる、いい会話がいっぱい出てきます。なかでも注目したいのが、ヒロインのドロシーです。このドロシ …

no image

徹底的な反論を加えておく

問題解決型のパターンの場合、予想される反論に対する反論をしておかなくてはなりません。ただ、問題解決型のパターンでは、反論を受ける場所が、「報告、告知」「説得、提案」パターンよりも増えます。よって、反論 …

no image

話を整理すると聞き手は理解しやすくなる

ビジネスシーンではよく「結論から言え」と言われます。結論、そして根拠の順がなかば常識です。なぜ、この順番がいいのでしょうか。それは、聞き手が求めている情報の順番だからです。それは、聞き手が情報処理をし …