雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

幼児のアウトドアでの服装はどんなものがいい?

投稿日:

小さな子ども達がアウトドアに出かける場合には、オーバーオールを着せて、腰や胃腸部分を暖かく守ってあげたい。フリース素材の生地が手に入るなら、オーバーオールを自分で縫うのもアイデアだ。生地自体、安い買い物とは言えないけれど、既製服に比べればはるかに険約できる。内股にジッパーがついていれば、トイレのときも面倒な着脱が必要ない。

ジッパーなしなら、シャツやトレーナーを着込んだ上から履いて、トイレ時の露出を少なくする。幼児向けアウトドアソックスは、サイズを探すのが大変だ。大きめのもので代用すると言っても、足幅が全然合わないし、ブーツの中でだんごになってしまう。ポリエステルやアクリルの靴下を重ねてもよい。腕に覚えのある人は、ウール地でもアウトドアウェアを手作りできる。子どもの胴の長さに合わせて調節がしやすくなる。デザインは、肩にボタンがあるものを。

ウールのミトンや手袋など

重ねるウェアの数は毎回違うし、おむつの有無も影響するので、この機能性はとくに重要だ。子どもは大人のような運動量がないから、手足など末端がまず冷えてしまう幼児向けでもう一つ入手しにくいのが、ウールのミトンや手袋だ。いざとなったら靴下で代用がきく。もっとも何を使おうと、親指を吸う癖のあるちびっ子には喜ばれない。アウトドアメーカーは、子ども用の靴下ライナーを作っていないので、おでかけ用のナイロンソックスで代用しよう。意外な効果で足を暖かく守ってくれる。

風が強いけれど雨の心配はないときは、防水加工のウインドプレーカーで、つなぎになったものを。中に重ねたウエアに風を通さず、フードもっいていて暖かい。手足の動きが楽なようにゆったり仕立ててあり、お天気の日でも朝露に濡れた場所などで役に立つ。アウトドア用にウェアを一式そろえると、たいていどのスポーツでもそれで間に合ってしまう。軽くて薄手の新素材(ポリプロピレン、キャプリーン、サーマックス等)下着から購入を始めよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

秋の登山では雨や雪が降ることを想定する

秋の時期の登山は最初から雪にあうことを想定しておく必要があります。アイゼンを持っていけば安心ですが、アイゼンが必要な時は登らないという選択もあります。雨が降ることもありますから防風衣がわりの雨具とスパ …

no image

ハイキングに他の子供のお友達を連れて行くのはよい効果がある

子どもの友達で、一緒に行きたい子がいれば誘ってみる。皆にとってよい体験になるはずだ。ワイワイやりながら子ども独自のペースを確立し、子どもの目で自然を楽しみ、お互いに影響し合う。兄弟のいる子でも、よその …

no image

冬の山での服装の注意点

冬の山は雪や氷により滑りやすいほか、寒さを伴います。冬山の原則は汗をかかないことです。合成繊維の発達で汗をかいても冷たくなくなりましたが、透湿性の繊維でも急激に汗をかくと排出が間に合いません。初心者の …

no image

2万5000分の1地形図を広げて見ているだけでは分からない

地図を見ているだけでは、何の情報も引っ張りだせません。2万5000分の1図を広げて見ているだけでは、等高線が編模様を描いているに過ぎません。昨今、道迷いによる遭難事故が増えていますが、道迷いしたくなか …

no image

山岳地形と読図に習熟する

・地図は見るのではなく読むべし 地図はいろいろな約束事の上に作成されています。2万5000分の1の地形図で、説明しましょう。約束事を手掛かりにして、収められている情報を暗号を解くように読み取って行きま …