雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

幼児のアウトドアでの服装はどんなものがいい?

投稿日:

小さな子ども達がアウトドアに出かける場合には、オーバーオールを着せて、腰や胃腸部分を暖かく守ってあげたい。フリース素材の生地が手に入るなら、オーバーオールを自分で縫うのもアイデアだ。生地自体、安い買い物とは言えないけれど、既製服に比べればはるかに険約できる。内股にジッパーがついていれば、トイレのときも面倒な着脱が必要ない。

ジッパーなしなら、シャツやトレーナーを着込んだ上から履いて、トイレ時の露出を少なくする。幼児向けアウトドアソックスは、サイズを探すのが大変だ。大きめのもので代用すると言っても、足幅が全然合わないし、ブーツの中でだんごになってしまう。ポリエステルやアクリルの靴下を重ねてもよい。腕に覚えのある人は、ウール地でもアウトドアウェアを手作りできる。子どもの胴の長さに合わせて調節がしやすくなる。デザインは、肩にボタンがあるものを。

ウールのミトンや手袋など

重ねるウェアの数は毎回違うし、おむつの有無も影響するので、この機能性はとくに重要だ。子どもは大人のような運動量がないから、手足など末端がまず冷えてしまう幼児向けでもう一つ入手しにくいのが、ウールのミトンや手袋だ。いざとなったら靴下で代用がきく。もっとも何を使おうと、親指を吸う癖のあるちびっ子には喜ばれない。アウトドアメーカーは、子ども用の靴下ライナーを作っていないので、おでかけ用のナイロンソックスで代用しよう。意外な効果で足を暖かく守ってくれる。

風が強いけれど雨の心配はないときは、防水加工のウインドプレーカーで、つなぎになったものを。中に重ねたウエアに風を通さず、フードもっいていて暖かい。手足の動きが楽なようにゆったり仕立ててあり、お天気の日でも朝露に濡れた場所などで役に立つ。アウトドア用にウェアを一式そろえると、たいていどのスポーツでもそれで間に合ってしまう。軽くて薄手の新素材(ポリプロピレン、キャプリーン、サーマックス等)下着から購入を始めよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ドライブ中にゲームで車内を盛り上げて子供を喜ばせよう

子供とのドライブで子供を退屈させないようにするにはどうすればいいか?思考や意思疎通が論理的にできるほど大きくなったら、ゲームを取り入れよう。1歳半のブライスでも、ワンちゃんゲームができる。知っている犬 …

no image

梅雨明け十日の意味-夏山合宿で初めての剣岳

梅雨明け一〇日の山登り(剣岳、穂高岳)梅雨の末期には、集中豪雨もありますが、梅雨が明けた後、好天が長く続くことがあります。この時期は、雪渓もそんなに汚れておらず、尾根の緑も美しく、何より高山植物が満開 …

no image

高尾山の登山は人気だが先に連なる山々を発見してほしい

身近に山の話をしてくれたり、山に連れだしてくれたりするベテランがいればいいのですが、そうそう都合よく事は運びません。山を知りたいと思ったら、何よりもまず山の本を読むことです。いわゆる入門書や技術書ばか …

no image

車の長旅の際の子供への様々な対応

海外で縦走をしたときに心配だったのは食事方法だった、とある女性。泣く子をあやす揺り椅子も、子ども用の高椅子も存在しない。この女性は海外で数ヶ月車で縦走をしたそうだ。タオル地の前かけを頭からかぶせる。食 …

no image

ツーリングの宿泊を旅館とキャンプ場の両方をうまく利用する

ツーリング中の宿泊を、旅館や民宿にすると、シュラフやテントを持たずにすむ。もっともこれだと、気が向いたところにふらっと立ち寄って、のんびりそこで夜を過ごすことは不可能だ。しかし、旅館とキャンプ場を両方 …