雑学

妖怪河童は昔は水の神様として崇められていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シロクエヒマウリなど種類によっては

妖怪河童は昔は水の神様として崇められていた

妖怪河童は昔は水の神様として崇められていた

妖怪河童は昔は水の神様として崇められていたようである。河童は妖怪の中ではかなりメジャーである。知らない人はいないだろう。

世の中にもあふれている。カッパ寿司、カッパ巻き、河童のくぅ。ハナカッパ。全国各地に伝承があり、頭に皿を乗せ、背中には甲羅にのある容姿はあまりにも有名。呼び名も沢山ある。河太郎、ガワッパ、ガタロウなどなどなどなど。

陸にに上がった河童

陸にに上がった河童

陸にに上がった河童、河童の川流れ、への河童など、河童にちなんだ俗諺には、いい意味のものはない。それだけ、河童は人間にとって親密な、可愛い存在であったといえるかもしれない。

河童は、いうまでもなく水陸両生の空想上の怪物で、身長は4~5歳の子供ぐらいで、とがったくちばし、手足に水かきをもち、背中は甲らがあり、頭の上に水をたたえる皿があるというのが一般的な体の特徴だが、カメやカワウソになぞらえた地方もある。

河童は全国的にいて

河童は全国的にいて、カワタロウ、カワコ、カワランベ、ガメ、ミズシ、水虎など多くの異名をもつが、元々は河童は、農村社会では水神さまとして信仰されていた。河童が田に水を入れてくれたとか、田植えの手伝い、田の草取り、稲刈りまでもしてくれたとかいう伝説は、日本各地に残っている。

しかし、河童への信仰が衰えるにつれて、河童は佃仕事を手伝うよりも、川で泳ぐ子供や馬の尻っこ玉をぬくといった悪さをする、姿のみにくい妖怪として考えられるようになったようだ。

河童には2つの大きな弱点がある

河童には2つの大きな弱点がある

妖怪としての河童には、2つの大きな弱点があるそうだ。そのひとつは、誰でも知っているように、頭の皿の水。水神時代の名残りからか、あるいは住まいが水中だからなのか、とにかく頭の皿の水がなくなると、河童はまさに陸に上がった河童となって、力が発揮で鳩きなくなる。

この河童は相撲が大好きで、人が通りかかると相撲をとりたがるそうだ。もともと相撲には、農作物の豊凶を占う儀礼の意味があつたことから、水神の河童と相撲が結びついたと考えられている。

河童との相撲に勝つには

河童との相撲に勝つには、組み合う前に一礼をかわすことだという。河童が頭を下げれば、皿の水がこぼれてしまうからだ。さすがに、人間は悪知恵を働かす。

もうひとつ、河童の弱点は腕だ。河童の腕はわら人形のように左右が続いていて、右腕か左腕を強く引っ張ると、反対側の腕までスポッとぬけてしまう。

水神としてあがめられた河童も

ともかく、水神としてあがめられた河童も、灌漑が発達して水の管理ができるようになるにつれて、その地位は落ちていったことは間違いない。現代の農薬に汚染された川は、河童にとってさぞ住みごこちが悪いに違いない。

河童には「腕が繋がっている」とか「腕が抜ける」という特徴も伝わっているが、これはかつての何でもありな凶悪相撲の名残だろう。ちなみに、池から顔を出す機械式の河童がいるのは兵庫県・福崎町の辻川山公園だそう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加