雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

予定事業費率-生命保険会社が保険制度を維持管理していくには

投稿日:

平成六年度から標準的に使われる予定利率は年三・七五%で、保険種類や保険期間によってこれと異なる率が用いられています。予定利率より実際の利回りが高くなったときは、その差額の収益は配当金として契約者に支払われます。

予定事業費率=生命保険会社が保険制度を維持管理していくためには、いろいろな費用がかかります。たとえば新契約の募集、保険料の集金、契約の保全、保険金の支払いや資産の運用のための人件費や物件費などさまざまです。これらは保険金額や保険料にリンクして、あらかじめ必要とされる事業費を見込み、表定保険料のなかに組み込まれます。これが予定事業費率で、保険料のうち、予定事業費率によって計算され、事業費の財源となる部分を付加保険料といいます。

予定利率を高くすれば保険料は安くなりますが、一般に保険契約は長期のものですから、その間には社会経済情勢の変化や景気変動が予想されます。そこで、予定利率をあまり高目にしておくと、実際の資産運用利回りがその水準を下回り、生命保険事業の運営基盤が不安定になる懸念があります。そのため、一般に予定利率は二十年、三十年という長期間の計算基礎として使用しうるような水準に設定されています。

金融環境や運用実績などの長期的見通しにたって

なお予定利率は、金融環境や運用実績などの長期的見通しにたって、その水準が改正されることがあります。改正された場合には、新しい利率はその時点以降の新規契約から適用されます。

純保険料は死亡率を基礎にしており、その死亡率は年齢が高くなると高くなるため、純保険料も年齢の高い方ほど高くなります。したがって、保険料を一年単位で設定しておくと年ごとに負担が重くなり、とくに高齢者にとっては禁止的な高料率となって、実際的ではありません。そこで、死亡率と利息の要素を組み合わせて保険期間中の保険料を毎年同額にする方法が考案され、一般に用いられています。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

団体生命保険や会社の共済に加入しているから安心なの?

会社勤めのサラリーマンや女性などで、よく会社の団体保険に加入しているからとか、会社の共済に加入しているからという声を聞く。しかし、この種の保障に頼っていると、退職で保障内容が切れたときに、次の保険に加 …

no image

保険の起源-いつごろ何が目的で生まれたのだろうか

もし、今の世界に保険という制度が無かったら、経済活動は現在ほど発達はしなかっただろう。では、どんな歴史を刻んで、今日の保険制度が発達してきたのであろうか。生命保険とは、一体いつごろ何が目的で生まれたの …

no image

子供保険は人気だが本当に必要なものなのか?

こども保険は、本当に子どもやその親のためになるか?答えはNOだ。この保険は、加入すると損失に向かって爆進するので地獄だし、途中で解約すれば解約返戻金が少ないので地獄だし、満期を迎えれば払い込んだ保険料 …

no image

お客様が売り手の顧客利益優先度を見極めるのは

お客様にとっては、保険の相談に乗ってくれる担当者の、肩書や営業のスタイルに惑わされないことが、何よりも大切なことになってきます。売り手には、お客様の利益を優先する者と、そうでない者がいるだけだというこ …

no image

なぜ共済は他の民間保険と比べて掛け金が安いのか?

日本の生保業界も影響を受け、2008年(平成20年)10月には大和生命が早々と破たんした。そしてアメリカの象徴だったGM(ゼネラル・モーターズ)を含め、3大自動車会社(ビッグ3)も今は死に体だ。経済状 …