雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

読み手を意識してなぜ?と思わせない文章づくりが大切

投稿日:2015年4月18日 更新日:

インターネットサイトで、記事を書く場合、なぜ?と思わせないことが大切です。読み手になぜ?と思わせるのは、文章としては失格です。目で見ることができるテレビではなく、ラジオのアナウンサーは状況が正確に聞き手の日に浮かぶように、ことばで表現します。

これから注意してラジオを聴いてください。文章力があるということは、状況や気持ちなど訴えたいことを正確にデッサンする力があるということです。りんごなどの物体や風景、あるいは状況をことばだけでじょうずにデッサンする代表選手は、ラジオのアナウンサーです。

文章は、りんごや風景をスケッチするのと同じデッサン(描写)です。アナウンサーの中継を聞いていて、なぜ?と思うときは、状況のデッサンがうまくできないときです。商店街からの中継、町工場訪問の中継など、どうはなせば正確に状況を伝えられるか苦心していることがわかります。文章もまったく同じです。ラジオのアナウンサーになったつもりで、これでわかるか、これでキチンと説明できているのか、と考えながら書きましょう。

良い例

・よろこぶこどもたちを見て、みなさん笑っています。
・チンパンジーを見て、こどもたちがよろこんでいます。
・きょうはみんなで公園に行き、楽しい一日でした。

下手な文章から、形容や修飾のことばを取りのぞいて初ると、スッキリしたわかりやすい文章になります。削るというより、ほんとうに訴求したいことばだけで表現すると、読みやすくてわかりやすく、いいたいことが頭にスッキリとはいります。

・最初に主語を書く

最初に主語を書くそんなこと当たりまえでしょう、とだれでも思います。しかし、実際には書いていない文章があふれています。理由は、はっきりしています。

悪い例

・鈴木さんにあったらしいけど
・幼稚園の帰りにころんだのヨ
・ていねいに洗ったつもりだけど

気にもしないほど自然です。日常のありふれた会話です。ところが、文章としては失格なのです。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

給与支払事務所等の開設届出書などの書類

ネットショップ運営に際して必要となる届出などを以下に紹介します。 ・給与支払事務所等の開設届出書(届出先:税務署) 書類は、国税庁のホームページからダウンロードすることができます。当然のことながら、夫 …

no image

キーワード広告は資金が潤沢にない方におすすめの手段

インターネット広告の種類を絞り込みましょう。インターネット広告には、Yahoo!などのポータルサイトや各種Webサイトに掲載するバナー広告、メールマガジンやメールニュースと呼ばれるメールのコンテンツに …

no image

ネットショップへの連絡先を増やそう

ネットショップでは、顧客との連絡手段はメールが中心になりますが、ときには電話でのやりとりが必要になることもあります。最近は、固定電話を契約せずに携帯電話だけで済ませている人も多いようですが、連絡先とし …

no image

アクセス解析のレポートは定期的に行いましょう

アクセス解析のレポートは定期的に行いましょう。たとえば、1週間に一度、日ごとのレポートをまとめて、1週間分のレポートを集計します。短期的なアクセスレポートなので、アクセス動向に変わった点はないかという …

no image

ショップ経営の考え方や持っておきたい心構え

現在のように、インターネットショップ経営者のつながりが密であったわけでもないし、ノウハウなどの公開もほとんどなく、また情報もほとんど入ってくることはなかった。何よりも、売りたい商品があっても、それをお …