雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

読み手を意識してなぜ?と思わせない文章づくりが大切

投稿日:2015年4月18日 更新日:

インターネットサイトで、記事を書く場合、なぜ?と思わせないことが大切です。読み手になぜ?と思わせるのは、文章としては失格です。目で見ることができるテレビではなく、ラジオのアナウンサーは状況が正確に聞き手の日に浮かぶように、ことばで表現します。

これから注意してラジオを聴いてください。文章力があるということは、状況や気持ちなど訴えたいことを正確にデッサンする力があるということです。りんごなどの物体や風景、あるいは状況をことばだけでじょうずにデッサンする代表選手は、ラジオのアナウンサーです。

文章は、りんごや風景をスケッチするのと同じデッサン(描写)です。アナウンサーの中継を聞いていて、なぜ?と思うときは、状況のデッサンがうまくできないときです。商店街からの中継、町工場訪問の中継など、どうはなせば正確に状況を伝えられるか苦心していることがわかります。文章もまったく同じです。ラジオのアナウンサーになったつもりで、これでわかるか、これでキチンと説明できているのか、と考えながら書きましょう。

良い例

・よろこぶこどもたちを見て、みなさん笑っています。
・チンパンジーを見て、こどもたちがよろこんでいます。
・きょうはみんなで公園に行き、楽しい一日でした。

下手な文章から、形容や修飾のことばを取りのぞいて初ると、スッキリしたわかりやすい文章になります。削るというより、ほんとうに訴求したいことばだけで表現すると、読みやすくてわかりやすく、いいたいことが頭にスッキリとはいります。

・最初に主語を書く

最初に主語を書くそんなこと当たりまえでしょう、とだれでも思います。しかし、実際には書いていない文章があふれています。理由は、はっきりしています。

悪い例

・鈴木さんにあったらしいけど
・幼稚園の帰りにころんだのヨ
・ていねいに洗ったつもりだけど

気にもしないほど自然です。日常のありふれた会話です。ところが、文章としては失格なのです。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

Google用モバイルサイトマップなどの施策を行おう

ここでは、モバイルサイトコンテンツ施策について紹介します。 ・リスティング広告を使う モバイルではSEOはまだ発展途上にあるため、思うように上位表示させるのが難しい可能性があります。それに比べると自由 …

no image

仕入れとは売れる商品を買い物してショップで販売すること

たとえば、アウトドアファッションが好きな人が買い物をする場合で考えて見ましょう。確実に、アウトドアのコンセプトに即したファッションをしたいと考えるはずです。そして、アウトドア派が好みそうなアイテムを買 …

no image

著作権に引っかかる引用はやめましょう

ネットショップで商品の紹介などを雑誌でしていた場合、引用したくなることがありますね。その場合もルールを守れば、引用することも可能です。引用部分は括弧で囲むなどの強調をして、引用先である出典をかならず明 …

no image

ネットショップ運営は大変-今日やるべきことを考えよう

更新できるということは、今日やるべきことがちゃんと決まっているということで、現実の商売であれば、営業にいく、商品を仕入れて並べる、お店のポスターを作るといったことだ。 お客は次に起こりうる楽しみにひか …

no image

商品発送メールの送信などについて

・商品発送メールの送信 顧客に商品が届いた日から2~3日後に、商品を購入していただいてありがとうございますという内容のメールを送ります。万が一商品が届いてない場合、メールを送ることで顧客から連絡がある …