雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ヨーロッパ諸国を実物教育

投稿日:

NATOの空爆目的は、米国政府によって確立された冷戦後の時代の支配体制下に置かれないだろうと期待するヨーロッパ諸国を実物教育することだった。コソボの人々の窮状は懸案事項ではなかった、とべースヴィッチは断言する。ヨーロッパが後退するという容認できない事態を未然に防ことだと考えていた。恐らくは、アメリカの支配下から抜け出さないようにするためであろう。

肝心なのは、統一及び統合され、開かれたロッパにおける、アメリカの支配的な立場を主張することだった。イスラム過激派は国際社会の怠慢から醸成された悪感情につけ入り、食料と衣服及び避難所の供給を独占し、農村地帯における文化的生存手段を掌握して、タリパン現象を引き起こした。当初から、戦争を企てた人々は、その目的がヨーロッパにおけるアメリカの優位を維持することだと理解しており、四年後、ヨーロッパとアメリカは関心を失い、コソヴォ住民の半数は貧窮生活を送っている。

新しい規範が国連の役割を再定義する方向へ

コソヴォと東ティモールは、人道的介入の新時代のまたとない事例であるばかりか、新しい規範が国連の役割を再定義する方向へといかに変化しているかも示すとされている。こうした規範が確立すれば、安全保障理事会の承認なしに他国を侵略することが正当化されるようになる。これら双方のケースで西洋列強が打ち立てた規範は、国連憲章を時代遅れのものに変えた。記録を見れば、我々が学ぶべき教訓はやや異なっていることがわかる。規範が強国によっていかに確立され、彼らの主張するままに軍事行動を発動する主権(コリン・パウエル)を正当化しうるかということだ。

プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン国際問題大学院の学院長が、それに賛同して記しているように、それが国連も我々皆イラク侵攻から学ぶべき教訓であり、新たな規範にしっかり基づいたものなのである。そして、ごく最近の歴史ですら、主義に基づく政策がうまく機能すればいかに再構築できるかという教訓である。こうしたことこそきわめて重大な教訓であり、将来を憂慮する人はこれを真撃に受け止めたほうがいい。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

国際法の新たな規範を築くのに必要な三つの要因の全てが出揃っていた

二〇〇二年九月に、国際法の新たな規範を築くのに必要な三つの要因の全てが出揃っていた。双方の軍事力には歴然とした格差があったので圧勝は間違いなかった。事態がうまく運ばない可能性は常にあった。しかし、少な …

no image

生物兵器や化学兵器をフセインが使用してしまう可能性

国際的な軍事情報を扱う主要雑誌と同盟国の情報機関も同じ結論に達しており、アメリカが攻撃すれば反米及び反西洋感情を世界中に広めることになり、イラクを攻撃することはイスラム教徒のテロを減少させるよりも、か …

no image

民営化に利点-レーガン、ブッシュの在任期間に見事な成果

民営化には利点がある。労働者が年金や健康保険などの生活の支えを株式市場に頼るようになれば、自分の首を絞めることに手をかす、つまり、賃上げや健康及び安全上の規則など、企業の利潤を減らす可能性のある仕組み …

no image

人類が生き残れるかどうかがきわめて現実的な問題

マイアーによると、生命の誕生以来、存在した種の総数はおよそ五〇〇億と推定され、その中で一つの種だけが文明の形成に必要な知能を獲得できた。彼の推論は、高度知能と呼ばれるもの、即ち人類という知的生命の適応 …

no image

イスラエルとパレスチナの関係の悪化の食い止め

米国側に加わったのは、イスラエルと太平洋諸島の幾つかの属国及びコスタリカだった。この撤回は、それが本心からのものだとすれば、政治解決を図る可能性をほぼ排除することになる。従来のパターン通り、こうしたこ …