雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ヨーロッパ諸国を実物教育

投稿日:

NATOの空爆目的は、米国政府によって確立された冷戦後の時代の支配体制下に置かれないだろうと期待するヨーロッパ諸国を実物教育することだった。コソボの人々の窮状は懸案事項ではなかった、とべースヴィッチは断言する。ヨーロッパが後退するという容認できない事態を未然に防ことだと考えていた。恐らくは、アメリカの支配下から抜け出さないようにするためであろう。

肝心なのは、統一及び統合され、開かれたロッパにおける、アメリカの支配的な立場を主張することだった。イスラム過激派は国際社会の怠慢から醸成された悪感情につけ入り、食料と衣服及び避難所の供給を独占し、農村地帯における文化的生存手段を掌握して、タリパン現象を引き起こした。当初から、戦争を企てた人々は、その目的がヨーロッパにおけるアメリカの優位を維持することだと理解しており、四年後、ヨーロッパとアメリカは関心を失い、コソヴォ住民の半数は貧窮生活を送っている。

新しい規範が国連の役割を再定義する方向へ

コソヴォと東ティモールは、人道的介入の新時代のまたとない事例であるばかりか、新しい規範が国連の役割を再定義する方向へといかに変化しているかも示すとされている。こうした規範が確立すれば、安全保障理事会の承認なしに他国を侵略することが正当化されるようになる。これら双方のケースで西洋列強が打ち立てた規範は、国連憲章を時代遅れのものに変えた。記録を見れば、我々が学ぶべき教訓はやや異なっていることがわかる。規範が強国によっていかに確立され、彼らの主張するままに軍事行動を発動する主権(コリン・パウエル)を正当化しうるかということだ。

プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン国際問題大学院の学院長が、それに賛同して記しているように、それが国連も我々皆イラク侵攻から学ぶべき教訓であり、新たな規範にしっかり基づいたものなのである。そして、ごく最近の歴史ですら、主義に基づく政策がうまく機能すればいかに再構築できるかという教訓である。こうしたことこそきわめて重大な教訓であり、将来を憂慮する人はこれを真撃に受け止めたほうがいい。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

セルビア空爆はまぎれもない人道的介入のケースだと結論

空爆前に殺されたアルバニア系住民は多くはなかったが、これが殺害と民族浄化の大規模な作戦の前触れになること議報機関から示されたからだ。やはり、信頼するに足る情報源は明記されていない。ウィーラーはセルビア …

no image

マーシャル・プランの提案では

チェコスロヴァキアがアメリカの援助を望むと示唆すると、スターリンは東欧での統制を強め、1948年2月にはチェコスロヴァキアで共産党が完全に全権を掌握した。こうしたできごとに、トルーマンは1930年代の …

no image

ソ連の防衛体制は壊滅的な打撃を受けた

戦争の初期段階で、ソ連の防衛体制は壊滅的な打撃を受けた。これとは対照的に、アメリカの政治文化は自由民主主義、多元主義、権力の分立を重視した。後発性への恥じらいではなく、アメリカはその技術力と経済の拡張 …

no image

予想される巨額の財政赤字について報告

ブッシュ大統領は、我々の財政の落とし穴をより深くするために奮闘していると、経済学者のローレンス・コトリコフとジェフリー・サックスは述べ、予想される巨額の財政赤字について報告した。ホワイトハウスの報道官 …

no image

介入について国家中心的道義主義者などの見解は違う

懐疑主義者にとっては道義的判断は意味がないが、リアリスト[現実主義者]やコスモポリタン[世界市民主義者]や国家中心的道義主義者は、それぞれ介入について異なる見解を持っている。 リアリストにとって、国際 …