雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

新旧ヨーロッパの各国政府は単純な基準により区別されていた

投稿日:

民主主義をふりかざす姿勢は、二〇〇二年秋に戦争のための動員がかけられた頃、珍しくあからさまに示された。大衆からの圧倒的な反対の声に、何とか対処しなければならない事態になったためだ。イギリスでは、国民は戦争に対して賛否がほぼ五分五分に分かれていたが、政府は第二次世界大戦後に受け入れざるをえなかったアメリカのジュニア・パートナーの地位を維持した。

有志連合の中では、アメリカの大衆は、少なくともその一部は、九月を期して一斉に始まったプロパガンダ・キャンペーンによって操作されていた。有志連合の正式メンバーの二カ国以外では、問題はより深刻だった。この国の存続そのものが脅かされた時期に、アメリカの指導者がイギリスの懸念を軽くあしらい、取り合わなかった時ですら、イギリス政府はその地位を守り続けた。イタリアの世論が挙って戦争に反対していることなど、初論問題にされなかった。新旧ヨーロッパの各国政府は、単純な基準により区別されていた。

戦争には断固反対だった

ヨーロッパの二大国、ドイツとフランスでは、政府の公式見解は国民の大多数の意見と一致しており、戦争には断固反対だった。その結果、米国政府と多いの時事解説者から痛烈に非難されることになった。新しいヨーロッパはイタリアに象徴されて、首相のシルヴィオ・ペルルスョーニはホワイトハウスを訪問中だった。世界の支配者を自称する人々ーブッシュ、パウエルなどがおおっびらにこう宣言したのを思い出してほしい。国連や他国が追いついてきて適切な関係になろうがなるまいが、アメリカは戦争を遂行するつもりだ、と。

政府が国民の大多数と同じ立場をとれば、そしてワシントンからの命令に従うのを拒めば、ただそれだけで、その政府は不届きな古いヨーロッパの仲間になった。問題外とされ、苦境に陥った古いヨーロッパは、アメリカに追いつこうとしなかった。新しいヨーロッパも同様だった。少なくとも、国民がその国の一部だとすればの話だが。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

イラクに対するアメリカ固有の恐怖と誤解がなければ

国防総省は、更なる部隊の展開は先例のない規模の国内危機を引き起こす危険があると恐れた。一九六八年には、大衆に対する恐れの念はきわめて深刻になり、更に多くの部隊をべトナムへ送る事態になった場合、治安維持 …

no image

拒否権を世界チャンピオンと言うべき国が日常的に行使している

国連の宣戦布告に拒否権を行使すると脅したフランスの行為は激しい非難を浴びた。サダムの責任を問う措置は、全て拒否するつもりだと彼らは言ったと、ブッシュは二〇〇三年三月一六日に安保理に最後通告を突きつけな …

no image

1960年7月、キューバは国連に援助を求めた

一九五九年から六〇年にかけての冬に、アメリカに拠点を置亡命キューバ人が、CIAの指揮下で攻撃を実行するケースが著しく増加した。バチスタ独裁政権は一九五九年一月、カストロのゲリラ部隊によって転覆させられ …

no image

ブッシュはパナマを侵攻した機に乗じイラクに対する融資の禁止を解除

クルド人の農作物に大損害を与えたため、フセイン政権が火急に必要とする食糧を、アメリカは公費で援助し、それと共に大量破壊兵器に転用できる高度な科学技術と化学薬剤も提供した。彼らはブッシュ大統領の挨拶の言 …

no image

戦争中のプロパガンダを助長させた違い

一九四〇年代末、トルーマンはオールド・ジョーを、好んだ人物だが、思い通りのことができない共産党政治局の囚われ人と見ていた。白人の方には下品な演名ではなく名前があった。これは通常の人種主義からくるのかも …