雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ヨークシャーテリアの子犬のしつけ

投稿日:

ヨークシャーテリアは子犬の時期からあまり犬の意志を尊重した接し方をしてしまうと、大変にわがままな犬になるおそれがありますので、気をつけましょう。しばらく抱いて遊んでいる雰囲気の中でヨショシと優しく言って撫でながら、少しずつ仰向けにしてゆきます。犬が、何をされるのだろうという不安感を持たないように、楽しいムードで行動することです。短気を起こして叩いてはいけません。また、ひるんだり、あきらめては犬の思うつぼというところです。あくまでも、穀然とした姿勢ということです。

また、毛をとかしている最中に噛みついて抵抗されるうちに、飼い主の方が負けてしまうような態度を見せたなら、人の心の変化を察知することの早いヨーキーは、コームを近づけただけで、ウッーとうなって奮かすようになります。コーム(横)が毛に少しからまったくらいで噛みつくようでは困ります。コームを持って、手入れをするぞとばかりにかまえて犬に接したなら、コームを見ただけで逃げるようになったり、コームに攻撃をするようになることもありますので気をつけましょう。強引に行なうことはしないように。おとなしく手入れをさせるように。ヨーキーは長毛の犬種ですから、生涯を通して手入れは怠ることはできません。

散歩させる時

散歩させる時には、ヨーキーは小さいので少々大変でしょうが、犬と視線をあわせるようにかがみ込んで優しくおいでと声をかけながら静かにリードを引きます。室内(自宅敷地内)で遊んでいる時に、首にリボンやカラーをつけて慣れさせるようにします。かがみながら優しく声をかけて犬に注目して歩くようにし、強引にリードを引きずるようなことは決してしないように。首に物がついていることを気にしないようにするわけですが、時期をみてリードをつけて少しずつ引いてみます。

犬がスムースに近寄って来るようなら、あまりおもちゃなどに頼らず、リードを上手く引いて手元に近寄せ、たくさん褒めてあげるようにします。気に入ったおもちゃなどをみせて、気を引くように誘うこともしてみましょう。近寄ってきたら少し姿勢を起こして、なるべく早く立ち上がり、歩くようにしてゆきましょう。あくまでも楽しい雰囲気の中で行動してゆくことにより、犬は人に褒められることの喜びを覚え、一緒に歩くようになってきます。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の行動パターンの観察

なぜ犬は筋の通った適応の仕方で、その行動を変えるのだろう。たとえば、主人が立っている場合はどうか。主人が居間ではなくキッチンにいる場合はどうだろう。わずかな変化も、それぞれ刺激、反応、学習要素に分解さ …

no image

カリフォルニアキングスネークに飲みこまれかける

ガラガラ蛇が、巨大なカリフォルニアキングスネークに飲みこまれかけているのに気づいてぎょっとしたある飼育員のお話。動物園の飼育係マーク・オシェイは、猛毒のヒシモンガラガラ蛇の喉に五時間半息を吹きこみつづ …

no image

ハムスターの生活リズムを守ろう

・ドワハムの生活リズムを守ろう ハムは完全な夜型生活。しかも人間と比べて長い睡眠時間を必要とする動物です。そのためには、次の4項目を守りましよう。 ・ハムが寝ているときは、無理に起こしたりしないように …

no image

ハムスター用ケージの色々な床材を紹介

ハムスターのケージのハウスは、手のしやすさ、経済性などを考慮して選んであげましょう。ハウスの中にはケージと同じように床材を入れてあげましょう。ハウスを設置しない場合は、その分床材を増やしてあげましょう …

no image

犬が最初に覚える言葉

「いい子」とやさしくなでられるのはうれしい。犬のごきげんをうかがったり、すがったり、あまい声で話しかけていると、犬は自分のほうがえらいのだしゅんとしてふさぎこんでしまったと勘違いしてしまいます。 犬が …