雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

ヨーグルトは消化に悪い?リウマチになることも

投稿日:

・ヨーグルトでリウマチになることも

最近では食事を通じて健康になろうという意識をもつ方が多く、さまざまな食事健康法に注目が集まっていますが、健康によいとされるポピュラーな食材に、ヨーグルトがあります。たくさんの効能が伝えられていますが、実はヨーグルトはとても消化しにくい食品です。重いもの、粘り気のあるもの、冷たいもの、つくってから時間のたった食べものは、消化しにくいという特徴があります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、悪玉菌の繁殖をおさえて腸内環境をととのえ、免疫力を向上させるペプチドがカルシウムの吸収を高める便秘に効くといわれますが、かなり消化力が強くないと、完全に消化しきることができません。

実際にヨーロッパの特定の地方では、古くからヨーグルトが愛好され、健康維持に大いに役立っているといわれています。たしかに適切に消化されれば、ヨーグルトが含む乳酸菌やペプチドなどの成分の効能を手にすることができるでしょう。でも彼らは、前日に仕込んだヨーグルトを翌朝、新鮮なうちに、温かい状態で食べています。

ヨーグルトからつくられたアーマは

ドッシリと重さがあり、ねっとりとした質をしていて、たいていは冷蔵庫で保管されたものを冷たいまま食べます。また、ほとんどの家庭では、工場でつくられた製品を買って食べるため、つくられてから食べるまでに時間がたっています。消化できなかった食べものは未消化物=アーマになります。とくにヨーグルトからつくられたアーマは、首から下の関節部にたまる性質があり、リウマチなどの関節疾患をまねいてしまう危険もあります。

さらに、欧米人はもともとわたしたちとくらべて消化力が強いという事実があります。食材についてどの成分に、どんな効能があるという情報だけでは充分ではありません。その食材の性質を知って、正しいとり方をする。そうしてはじめて、食材の恵みを充分に受け取れ、消化力をよい状態にキープすることができるのです。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

ビタミンCとDが心筋症に効果があったというある症例

あるジョウイという女性は、心筋症をわずらい、医師からさじを投げられていた。しかし、ある大学大学院生が、ビタミンCとその他の栄養素が入った特別のタイプのビタミンとアミノ酸の調合物を試してみてはどうかと勧 …

no image

人間はもともと果実食だった

ダーウィンが『種の起源』のなかで、人間はもともと果実食だったと書いています。ですから、かつては人間も果物だけで十分生活できた。そういう時代もあった。しかし、いまでは人間のたんぱく質を合成する力は相当落 …

no image

衝動のコントロールやその他健康になれる方法

・衝動のコントロールにはキャラハン・テクニックを使う 恐怖症、ストレス、お腹が空いていないのに抑えられない食欲などは、ロジャー・キャラハンが開発したたった五分でできるテクニックによって取り除くことがで …

no image

何故野生の動物が病気にならないで人は病気になるのか?

私たち人間にも、ごくシンプルで簡単な方法で、病気にならずに生き生きと気力充実して生きる道はあるだろうか?もちろんある。なぜ人が病気になるのか、本当のところは分かっていないというのが真実だ。 ・人が病気 …

no image

オオアザミの効能-糖尿病などにも効く肝臓の損傷を予防するハーブ

おおあざみ(Mi1kThistle)は地中海沿岸原産のキク科の草で、マリアあざみ(MarianThistle)ともいう。日本語ではやまあざみ(山菊)ともいう。おおあざみは、しっかりした科学的な証拠によ …