雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

これは必見!夜診の先生が見ておくべき転職支援サービスとは?

投稿日:2016年8月25日 更新日:

夜診の求人を探す場合、すぐに見つからない時があります。そんな時には、医師転職ドットコムエムスリーキャリアなどの大手キャリアで探すとすぐに見つかります。

医師転職ドットコムでは、常時4万件くらいの求人を掲載していますので、見つからないことはほとんどないでしょう。また、エムスリーキャリアでも、常時2万件くらいの求人を掲載していますので、かなり求人が見つかりやすいと思います。

また、リクルートメディカルキャリアMCドクターズネットも、かなり求人数が多いサービスですので、これらのサービスでもかなり求人が見つかると思います。

夜診の求人でも見つかると思いますし、どの診療科でも見つけられるでしょう。

医師の夜勤

病院によっては、かなり夜勤をしないといけないということもあります。病院により、当直勤務の回数に差がありますが、月に5回前後という場合が多いような気がします。

夜勤は外来が終わってから、翌朝の診療がスタートするまでというのが一般的です。

夜勤では、病棟業務などを行いながら、患者さんからの呼び出しなどがあったり、容体が急変するなどした場合に、すぐに駆けつけます。

冬場などは、患者さんが体調を壊してしまうことが多く、呼び出しの回数が増えることが多いようです。あまりに忙しいと、当直でありながら、一睡もできないで勤務し続けなければならないこともあります。

そして、一睡もできないまま朝を迎え、そのまま昼間の勤務もさせられてしまう場合もあります。30時間勤務などということさえあったります。

看護師さんは夜勤を終えると帰れますので、夜勤を終えて帰れる看護師さんをうらやましく思いながら、眠気と戦い昼間の勤務をこなしていきます。

医局で働く若手の先生などは、医局の給料だけでは食べていけにないので、アルバイトで当直勤務をする先生もよくいるそうです。

お医者さんは、本当にハードな勤務条件で働いている場合が多いようです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

理想の医師とそうでない人-分かりやすい例を挙げて善し悪しを紹介

横柄で傲慢でイバってばかりいる医者は、本当に良い医者とはいえない。聞かれもしないのに手術は99%成功しますなどと自分から言い出すような医者は、ちょっと考えものだ。たしかに、外科医としての腕前は良いだろ …

no image

医者は論文の質ではなく、その数で決まるといわれる理由

ある医局では昔、助教授の書いた週刊誌の小さな健康記事、製薬会社の広報雑誌のコメントまで研究業績として記載していたことがあったらしい。さらに研究論文の数を稼ぐために、一般向けの本を共著という形で出版し、 …

no image

エアコンが寒い暑いと病室で争う前に

毎年モメことが起きるのが大部屋のクーラーです。20歳くらいの若者は、暑くて夜も眠れません。これじゃああせもができちゃいます。冷房をもっときかせてください。体に悪いからクーラーを止めてください。窓を開け …

no image

咽頭がんはリンパ節転移を高率に伴っている

咽頭部は医学的に、上咽頭(鼻咽頭)、中咽頭、下咽頭の三つの部位に分けられる。下咽頭はのどから食道の入り口までの部位である。 中咽頭は口を開けたときに見えるのどの部位。そして、上咽頭は鼻の奥の部位で頭蓋 …

no image

PTSDやフラッシュバックの克服

フラッシュバックは傷を負った直後にだけ起こるものではない。何か月、ひどいときは何年も、悪夢の再現が続く。PTSDの場合は、そう簡単にはいかない。忘れたくても忘れられない。 何年も経ってから不意に起こり …