雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

痩せ過ぎモデルの問題

投稿日:

多くの雑誌は、やり方を変えるのが怖いだけなのだ。雑誌類って、もちろん、お金が絡んでくるものだから。時には、広告主さえ、痩せた理想像を支持しないこともある。なかには、雑誌がいつまでもそうした姿勢を取り続けていることへの不快感を示そうとして、財布という泣きどころをついてくる広告主もある。だが、そう簡単にはいかない。プックリお腹はセクシーだけど、ペタンコお腹はそうじゃない。

プックリしたお腹はやっぱり雑誌に載せられるほどセクシーじゃないと言っているようなものだ。でも、それは広告主のお金であって、読者のじゃないのよね。こういうやり方で長年うまくやってきたから、それをいじるのが怖いのよ。未知の世界だもの。そういうこともあって、エディターはリスクを全く背負いたがらないわけ。ビッチェディターのリサ・ミヤ=ジャーヴイスが言う。

広告を引き揚げると脅したのは有名な話

規範となるべきトップ・クラスの雑誌が拒食症みたいな体型をしたモデルを選ぶのは無責任だと思ったのです。ブランド・マネージャーのジャイルス・リーズはそう語っている。一九九六年、高級時計メーカーのオメガがヴォーグから広告を引き揚げると脅したのは有名な話である。ファッション・ページに登場する女性の骸骨のような外見が、少女たちを拒食症に追い込みかねないというのがその理由だ。間もなく撤退話はなくなったが、おそらくヴォーグほどの強力な存在を袖にするのは得策でないとオメガも判断したのだろう。

一九九六年にニュー・ウーマン・オーストラリア編集長に指名されたシンディ・テベルは、穏健なフェミニズム路線を導入した。一般女性誌のようないい加減なものではないが、読者がひいてしまうほど過激でもないものだ。モデルは痩せていて当たり前という風潮を軽蔑するエディターは、左遷と隣り合わせである。そして、編集長を務めた一八カ月の間、ダイエット記事を拒絶し、代わりにセルフ・へルプや恋愛にまつわる問題、そして、単なるフォトジェニック以上の存在になった女性のプロフィールなどを集中して取り上げた。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ブレザーの着こなしテクニック

・ブレザーを着こなす ブレザーはある種の和製英語で、正しくはブレイザー(blazer)でしょう。またブレザーコートと呼ぶ必要もありません。ブレイザーという名前の上着なのですから。ブレザーの語源を知って …

no image

毛皮反対ムードが大勢を占めていた頃

一九九〇年代に毛皮反対ムードが大勢を占めており、売上も一九九一年に一億ドルを割って底を打った。しかし、売上の低迷する一九九年代のさなかにも、毛皮が完全に姿を消すことはなかった。FICAによれば、現在、 …

no image

表紙にはクリスチャンディオールの水着を着たカルメン

東方向への信号が青に変わるのを待っていたカルメンは、ダーク・デニムのロー・ライダーとベーシックな黒のタンク・トップというプレーンないでたちながら、光り輝いていた。ミッドタウンで働く人々が、ピザを詰め込 …

no image

傷物ファッションはそう安いものではない

ファッションは常に新しいものに傾きがちだ。とはいえ、あまりに新しく見えるものが耐え難く感じられるのは明らかである。おろしたてのスニーカーのまばゆい白さを許せる人なんかいるだろうか?へルムート・ラングの …

no image

デザイナーがセレブとなりセレブがデザイナーとなる時代

MTVのハウス・オブ・スタイル、スタイル・ネットワークの各番組、好評ながらうち切られたCNNのスタイル・ウィズ・エルサ・クレンチなど多数のテレビ番組を制作し、各家庭にいつもファッション情報を送り届けて …