雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

野生の雑種犬と家犬の交雑から現在知られている犬種が生まれた

投稿日:

犬の専門家の中にはマイケル・フォックスを例として、家犬は野生犬のだれかが進化したのだと考える人たちもいる。ほかの家犬はほとんどが年に二度発情期を迎えるのに対し、バセンジーの雌は一年に一度しか発情期を迎えない点が野生犬に似ている。バセンジーに似た野生犬の形をとる失われた環境が、オオカミと家犬のあいだをつないだという説がある。しかし、古代生物学者は、こうしたミッシング・リンクを立証する化石を発見していない。

野生犬と家犬の交雑から現在知られている犬種が生まれたという証拠はある。バセンジーのほかにも、野生犬の血が多く流れている種としてローデシアン・リッジバックがいる。この種は、もともとはアコイコイ、と呼ばれ、ホッテントット族の村で飼い馴らされた野生犬が進化したものである。この部族はアフリカのブッシュマンと深い結びつきがあり、南アフリカの喜望峰の一帯に住んでいた。これは犬型犬で、体高が六〇から七〇センチ、体重は三五キロほどだという。

ライオン犬あるいはヴァン・ルーエン犬

ホッテントット・リッジド・ドッグと呼ばれるこの種の数頭を、一八〇〇年代後半、犬型獣の猟師であった南アフリカ人コーネリアス・ヴァン・ルーエンが手に入れた。ローデシアン・リッジバックの犬きな特徴は、背中にほかの被毛とは逆方向に、一筋の毛がかね(リッジ)のように生えていることである。彼はこの犬をヨーロッパから輸入した犬と交配させて、最初はライオン犬あるいはヴァン・ルーエン犬と呼ばれた、この犬種を作り出した。

かねは両肩の中央から始まり、尻のほうにゆくに従って次第に薄くなっている。このうねは野生犬とこの犬種を結ぶものでもある。人間の影響を受けないとき、野生犬は多くのイヌ科動物と共通した行動パターンをとる。ディンゴやほかの野生犬にも同様なパターンがあり、ふだんは目立たないが、怒ったり驚いたり興奮したりすると見えるようだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

母鹿が車に衝突して死んでいた

母鹿が車に衝突して死んでいた。 「前に危険を警告してくれたのと同じ、あの特徴のある声で鳴いたんだ」。サヴィジはトラックを停めた。サヴィジとサンデーがトラックで家路を急いでいたとき、またもサンデーが鳴き …

no image

犬の鳴き声や色々な反応から気持ちを読み解く

犬の犬の鳴き声や様々な反応には意味があるので、紹介していこう。 犬が鳴き声で、騒がしいうなり声で、歯は見せていない場合。面白い遊びだなあー楽しいなあーこれはふつう遊びの中で発せられ、グフグフという犬の …

no image

生まれたばかりの子犬の注意しないといけないポイント

生まれたばかりの子犬は、体温が低く、しかもまだ自分で体温調節することができません。ですから、冬期は保温器具などを使って、体を温めてあげる必要があります。春先や秋口も朝晩は冷えますから、季節にとらわれず …

no image

動物の幽体離脱のやり方や方法はあるのか

「異なる種のあいだにテレパシーによるコミュニケーションが成立するという考えは、お話にならないほど非合理的なのでか?」と語るある博士は、ロサンゼルスの地元ケーブルTV局でレギュラー出演している。一般向け …

no image

ハムスターの色々な仲間たち

ハムスターの仲間には、ヒメキスゲネズミ属であるジャンガリアン、キャンベル、ロボロフスキー、キスゲネズミ属のチャイニーズといったドワーフハムスターをはじめ、たくさんの仲間がいます。ハムスターたちの出身地 …