雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

野菜や果物などの輸入について

投稿日:

塩蔵野菜の輸入は約二〇万トンで、キュウリ、ナス、ラッキョウ、ワラビ、シメジなどが輸入されています。冷凍野菜の輸入は、約七二万トン、エダマメ、ホウレンソウ、スイートコーン、インゲン、グリーンピース、混合野菜など。

輸入果物の筆頭はバナナです。バナナは熟したものを輸入することはできません。害虫がまぎれて日本に上陸すると困るからです。生協からバナナを買っていますが、市販品に比べて、すぐに茶色になってしまいます。ただし市販品でも、東京都の検査によれば、残留農薬の心配はほとんどないようです。

パパイヤやマンゴーを八百屋さんで見つけたときは、自分の目を疑ってしまいました。こういうトロピカル・フルーツはその国に行かなければ食べられないものと思っていましたから。カンピョウ、切り干し大根、水煮のタケノコも輸入品です。フライド・ポテトは九二パーセントが輸入で、アメリカから二九万トンも来ています。果物も半分くらいが輸入品です。

牛肉の自由化によって急増

防カビ剤のかかっていない瀬戸内産のレモンも市場に出ています。でも残念なことに、輸入レモンの二倍近い値段です。消費が増えて安くなるといいのですが。肉類の輸入も、牛肉の自由化によって急増し、自給率は三六パーセントまで落ちました。

バナナの次に多いのが柑橘類で、グレープフルーツ、オレンジ、レモンは一〇〇パーセント近く輸入です。柑橘類では、輸出の際に防カビ用の殺菌剤を添加し、ワックスをかけます。ワックスをかけると、農薬が落ちないし、つやがあってきれいに見えるので一挙両得なのです。

輸入牛を国産牛と偽って、大企業が売っていた事件がありました。仕事に対する誇りはどこにいってしまったのでしょう。肉の加工品では、ハム、ソーセージ、コーンビーフはもちろん、大和煮、八宝菜、カレーまで輸入されています。このようなものを日本でつくるだけでも、外貨の流出を防げるのではないでしょうか。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

温暖化が与える将来の日本への影響

温暖化による影響で、日本の場合、今世紀末には海面が約五〇センチ上昇すると見られています。その場合、美しい砂丘の景勝地や海水浴場のほとんどは、失われてしまうことになります。温暖化の予兆は日本でも多くの人 …

no image

物事の本質を見抜く必要があるのではないか

今こそ私たちは、事実を、そしてモノごとの本質を見つめる必要があるのではないでしょうか。本当のことに気づく必要があるのではないでしょうか。現状のように拡大経済の方向を変えず、大量生産と大量消費を続けなが …

no image

産業廃棄物の再資源化を考える

日本の産業界では、これまで同業者同士の情報交換は盛んに行われてきました。業種ごとに業界団体が存在していることからも明らかです。しかしこれまでの業界団体は、税制優遇措置や業界保護的な規制の維持、強化など …

no image

温室効果ガスを削減するために環境税を導入しても

大幅な温室効果ガスの削減が必要であるという共通の認識と、温室効果ガスの大量排出が温暖化を促進させるという因果関係を共有する知的集団が各国政府代表に働きかけ、それを受け入れざるを得ないような状況をつくり …

no image

自動車のグリーン税制化

九九年運輸省および環境庁が提起した自動車のグリーン税制化は、二〇〇〇年度の導入こそ見送られたものの近い将来実現する可能性はきわめて高い。またヨーロッパで急速に進む炭素税、エネルギー税を中心とした環境税 …