雑学

山手線はどこがスタートでどこがコールなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特急の定義とは?

山手線はどこがスタートでどこがコールなのか

東京都の中央部を走る山手線の電車は、ぐるぐるまわり続けているが、いったいどこが始発で、どこが終着なのだろう。ダイヤでは起点は大崎となっている。大崎をスタートし、一周して大崎に戻る。では列車の実際の始発と終着が大崎なのかというと、そうとは限らない。山手線を走る二〇五系電車の車両基地は、大崎に出入区線がある山手電車区だが、留置線は池袋電車区とかっての品川電車区にもある。

このため実際の電車は、大崎のほか、池袋、品川、田町が始発や終着となることもある。終着は、いきなり、この駅止まりですといったのでは、乗客が困る。そこで前もって、方向幕の山手線の表示を、大崎、池袋などと替え、駅や車内で、この電車は大崎止まりですなどと放送する。

朝夕のラッシュが終わった頃や、終電近くなど、山手線の表示のかわりに、大崎、品川、池袋の表示の電車をみかけることがよくあるが、これは車庫入れの時間帯だからだ。終着駅をどこから明示するかには、きちんと決まりがある。内回り、外回りともに、大崎行きや品川行きは池袋駅から、池袋行きは大崎駅から表示することになっている。

大崎と池袋は丸い山手線のほぼ反対側。内回りでも外回りでも、ほぼ同じぐらいの所要時間のところに位置しているのだ。このためここで途中止まりだと知らせれば、それまでに一周するものとおもっていた乗客にも、迷惑がかかる心配はほとんどないというわけである。

東京の都心の周囲をぐるぐる回っている「山手線」。乗り遅れても次から次へやってくる電車。かつては鉄道省が運行していたことから「省線」と呼ばれた大都市の通勤路線山手線。

東京都の中央部を走る山手線は一周、約35kmで駅間は2分程度。山手線を一周した場合のおおよその乗車時間は約60分。一日たった3往復から始まった 開業当初(明治18年)の運転本数からすると、今の本数はすごいことになっている。

複雑な地形でも減速しない秘密

日本の電車には振り子式の電車が多い。自動車の運転でもカーブにさしかかったときに減速するが、これは鉄道にもあてはまること。この減速を可能な限り抑えたのが振り子方式というシステムだ。

従来のカーブでも線路は外側を高くして回りやすくしてあるが、振り子式の場合は台車と車体の間にコロがついていて、コロの上で車体だけが振り子のように左右に大きく傾く仕組みになっている。この振り子式車両には三種類ある。一つ目は、自然振り子式と呼ばれるもので、自然に遠心力によって傾く構造のものだ。

二つ目は、強制振り子式と呼ばれるもので、カーブにさしかかったら、油圧装置などで機械的に車体を自ら傾けるものだ。イタリアのぺンドリーノ型振り子電車などがこの構造である。そして三つ目が、制御振り子式と呼ばれる構造である。これは、強制振り子式の一種だが、ハイテク構造となっている。その車両の運転区間のどの地点にどの程度のカーブがあるかなどをコンピュータにインプットしておき、そのデータに基づいて自動的に車体を傾けるものである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加