雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

山手線はどこがスタートでどこがコールなのか

投稿日:2017年8月13日 更新日:

山手線はどこがスタートでどこがコールなのか

東京都の中央部を走る山手線の電車は、ぐるぐるまわり続けているが、いったいどこが始発で、どこが終着なのだろう。ダイヤでは起点は大崎となっている。大崎をスタートし、一周して大崎に戻る。では列車の実際の始発と終着が大崎なのかというと、そうとは限らない。山手線を走る二〇五系電車の車両基地は、大崎に出入区線がある山手電車区だが、留置線は池袋電車区とかっての品川電車区にもある。

このため実際の電車は、大崎のほか、池袋、品川、田町が始発や終着となることもある。終着は、いきなり、この駅止まりですといったのでは、乗客が困る。そこで前もって、方向幕の山手線の表示を、大崎、池袋などと替え、駅や車内で、この電車は大崎止まりですなどと放送する。

朝夕のラッシュが終わった頃や、終電近くなど、山手線の表示のかわりに、大崎、品川、池袋の表示の電車をみかけることがよくあるが、これは車庫入れの時間帯だからだ。終着駅をどこから明示するかには、きちんと決まりがある。内回り、外回りともに、大崎行きや品川行きは池袋駅から、池袋行きは大崎駅から表示することになっている。

大崎と池袋は丸い山手線のほぼ反対側。内回りでも外回りでも、ほぼ同じぐらいの所要時間のところに位置しているのだ。このためここで途中止まりだと知らせれば、それまでに一周するものとおもっていた乗客にも、迷惑がかかる心配はほとんどないというわけである。

東京の都心の周囲をぐるぐる回っている「山手線」。乗り遅れても次から次へやってくる電車。かつては鉄道省が運行していたことから「省線」と呼ばれた大都市の通勤路線山手線。

東京都の中央部を走る山手線は一周、約35kmで駅間は2分程度。山手線を一周した場合のおおよその乗車時間は約60分。一日たった3往復から始まった 開業当初(明治18年)の運転本数からすると、今の本数はすごいことになっている。

複雑な地形でも減速しない秘密

日本の電車には振り子式の電車が多い。自動車の運転でもカーブにさしかかったときに減速するが、これは鉄道にもあてはまること。この減速を可能な限り抑えたのが振り子方式というシステムだ。

従来のカーブでも線路は外側を高くして回りやすくしてあるが、振り子式の場合は台車と車体の間にコロがついていて、コロの上で車体だけが振り子のように左右に大きく傾く仕組みになっている。この振り子式車両には三種類ある。一つ目は、自然振り子式と呼ばれるもので、自然に遠心力によって傾く構造のものだ。

二つ目は、強制振り子式と呼ばれるもので、カーブにさしかかったら、油圧装置などで機械的に車体を自ら傾けるものだ。イタリアのぺンドリーノ型振り子電車などがこの構造である。そして三つ目が、制御振り子式と呼ばれる構造である。これは、強制振り子式の一種だが、ハイテク構造となっている。その車両の運転区間のどの地点にどの程度のカーブがあるかなどをコンピュータにインプットしておき、そのデータに基づいて自動的に車体を傾けるものである。

-雑学

執筆者:

関連記事

一般車両が追突する事故がありました

信号の電球はいつ交換しているのか?

もし信号機の電球が切れてしまったら大変。交通が混乱し、衝突などの事故の原因になりかねない。もちろん電球が切れる前に余裕をもって交換していますが、具体的な交換時期などについては各都道府県警の判断に任せて …

男女のマーク-性別記号の正しい由来

男女のマーク-性別記号の正しい由来

今ではすっかりお馴染みとなった♂と♀の男女のマーク(性別記号)は、テレビ番組、性風俗を扱った雑誌、出会い系サイトでの自己紹介などに頻繁に登場するマークである。 男女のマークについては、多くの方が一度は …

ピーナツ入りの柿の種を出していた

乾杯の意味や由来・起源はどうなってるの?

酒を飲みはじめる前にする乾杯の音頭 宴会の初めや、酒を飲みはじめる前には、よく乾杯と音頭をとる。 この「乾杯」の起源はいつからなのだろうか? 西洋の乾杯の起源 西洋の乾杯の起源は、古代、神や死者のため …

ブラックホールの正体-光すら逃げだせない

ブラックホールの正体-光すら逃げだせない

光すら逃げだせないブラックホールとは 光すら逃げだせないブラックホールとはどんなものなのでしょうか。宇宙に存在するブラックホールとは、光すら脱出できないほど重力が極限まで強い時空の領域である。 この壮 …

ウグイスの鳴き声-縄張りソングの存在

ウグイスの鳴き声には縄張りソングがある、というのをご存知だろうか。 ウグイスの鳴き声を聞いていると ウグイスの鳴き声を聞いていると、何だか気持ちが落ち着きますし、春の訪れを感じる人も多いはず。 梅にウ …