雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山登りのトレーニング方法は事前にしっかりとやっておくこと

投稿日:

・山登りの前にトレーニングすべし

ぼくは1年のうち半分は山に登っています。これだけ山に登っていれば、トレーニングに不足はないと思われるでしょうが、そのほとんどは主宰する無名山塾の中高年と女性のための山の遠足です。2009年には、オーストリアの最高峰グロスグロックナーに登りました。2008年の夏、フランスとイタリアの国境にあるアルプス山脈の最高峰モンブランに登りましたが、事前にしっかりとトレーニングすることができず、本番では辛い思いをしてしまいました、とある登山家。

特別な目標がなく、近郊の低山に月1回程度ハイキングしていればいいという人は、無理にトレーニングする必要はないと思います。どんなトレーニングをしたらいいですかとはよく質問されると、どんな山に登りたいのですかと聞き返します。ご本人にとって背伸びとかジャンプになるような山に登りたいと思ったら、トレーニングが必要なことは自明です。

事前にきちんとトレーニングをするかしないかで

標高3798メートルとモンブラン(標高4807メートル)より1000メートルほど標高が低いということもありますが、しっかりとトレーニングしたおかげで、余裕で登ることができました。このように事前にきちんとトレーニングをするかしないかで、結果に大きな違いが出てきます。トレーニングは、3ヶ月は必要です。年配の方も多いので、ゆっくりと、バテないように歩きます。汗もかかないくらいに負荷も小さい歩き方なので、ハードな山のトレーニングにはならないのです。

グロスグロックナーへの出発日は、2009年7月4日でした。4月に入ったら始めないとモンブランの二の舞になってしまうのに、なんだかんだと追いかけられ、5月になってしまいました。残り2ヶ月でトレーニングを始めたわけです。グロスグロックナーは、楽しく余裕を持って登れたという次第です。足腰の筋力アップのためジョギングを始めたところ、ふくらはぎを痛めてしまいました。そこで、階段の上り下りに切り替えたところ、相性が良かったのか、非常に良いトレーニングになったという実感がありました、とある登山家は言っています。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

10代の子供との遊び-今度は親が譲歩する番

10代の子供との遊び-今度は親が譲歩する番。 10代は毎日体も心も新調して、日々強くしなやかになっていく。ただ親にくっついて言われるがままに遊んでいた時代は終わったのだ。少年達がそう誇りに感じることが …

no image

フリース素材のバラクラバなどで子供の防寒対策

ハイキングに行く際、子供にどんな服を着せたらいいでしょうか?寒い時期には、子供が風邪をひかないように、防寒対策はバッチリしておきたい。フリース素材など、選択肢は少なくない。冬期には一つで間に合わないこ …

no image

アウトドア-子供の遊びは時間はずいぶんかかる

年長の子ども5~8歳という年齢は、一生懸命背伸びして大人と同じようにやろうとする年ごろだ。何でもやってみたいし、1人でできるか試してみたい。自分も立派な家族の一員と認められ、発言力があることを確信した …

no image

アウトドアに持っていくもの

アウトドアでは、木登りが好きな子はとげだらけになってしまう。針ととげ抜きが必要だ。子ども向きリップクリームも、すぐ取り出せるところに常備しておこう。5日以上の長期旅行には、鉄分の入った複合ビタミン剤を …

no image

日本勤労者山岳連盟などの山岳団体

日本には、山岳団体と呼ばれる団体があります。 ・日本勤労者山岳連盟 主として地域・職場・学校で作られている山岳クラブの団体加盟で構成され、各クラブは、その所在地によって、全国四七都道府県ごとに組織され …