雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山登りの種類色々-まず歩くことを中心に考えてみましょう

投稿日:

山登りは、まず歩くことを中心に考えてみましょう。三〇〇〇メートル級の縦走北アルプスや南アルプスに代表されるような稜線の縦走です。残雪がある場合があり、ちょっとした雪上技術は必要になります。山小屋も比較的整っており天候にもよりますが、数日間かけて山登りの醍醐味を満喫することができます。

山登りにはどんな種類があるのでしょうか。日本には春夏秋冬、四季があります。大きくは季節によってわけることができます。花や木の芽が出てくる頃、新緑の頃、真夏の頃、紅葉の頃、雪の頃などありますが、大きくわければ雪の降る積雪期、雪の降らない無雪期になります。山にも四季はやってきます。無雪期とはいっても高山には雪が残っていますが、本書では無雪期が中心になりますので、基本を無雪期においてわけてみましょう。

低山といっても特に定義があるわけではない

一〇〇〇メートル前後の山を縦走したり、それより低い山を楽しむ低山ハイクなどがあります。多くは日帰りになります。低山といっても特に定義があるわけではありません。春のポカポカ陽気の時とか、秋の日差しを浴びたい時などは本当に気持ちのいいものです。縦走路に岩場がある場合もあり、岩登りの技術を多少なりとも知っていると気持ちよく登れます。一〇〇〇メートルから二〇〇〇メートル級の縦走。この高さ前後の山々ですと全国にあります。バラエティーに富んでおり、ついうっかり道を間違うととんでもないことになります。

一日で頂上まで行って帰ってこられる山からやはり二、三日かけて山々を巡る縦走を楽しむコースなどがあります。ちょっと緊張感のある山登りをしてみようという方には岩登りや沢登りがあります。高さとは別ですが道のない藪山を好きこのんでいく人も時々見受けられます。沢登りの延長の場合もありますが、これはかなり経験のある人でないとそれこそ遭難の元となってしまいます。また、都市の近郊にはゲレンデと呼ばれる、登り方の練習場があります。ここで技術を磨き、大きな岩場に挑戦するわけです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山で出会う様々な昆虫たち

標高の低いところにはアオスジアゲハやカラスアゲハ、キタテハなどが棲んでいる。高くなるにつれてコヒオドシ、クジャクチョウ、オオムラサキ、キベリタテハといった種類が現われる。さらに標高が上がると、ベニヒカ …

no image

坂があればそこはもう山といっていい

ちょっとした坂があれば、そこはもう山といっていいかもしれない。広辞苑によれば、山とは平地よりも高く隆起した地塊とある。だから登ってみて周囲を眺め、四方が低く平坦ならば、そこは山だ。四国は徳島市の弁天山 …

no image

里山とは?低山とは一体どう違うのだろうか?

亜高山帯の上方は高山帯である。高山帯は標高約二五〇〇m以上で、森林限界(亜高山帯上限)または高木限界から、恒雪帯下限の雪線までの地帯である。低温、低圧、強風、多雨で天候の変動が激しい。この高山帯には、 …

no image

今日の反省をし本日の失敗を看に盛り上がり次の計画を立てる

無事、下山し駅前で一杯。山での飲酒はおすすめできませんが、これはおすすめですね。頂上から見たあの山に行きたい、誰それさんが行った山がよかった。この情報が貴重です。さりげなく今日の反省をし、本日の失敗を …

no image

レインギアやザックカバーなど

うちでは、キャンプではレインギアやザックカバーなどを、シートのところに移すようにしている、とある家族。子どもが歩けるほど大きいなら、スタッフバッグに荷物をまとめて、パートナーのザックに入れておく。キャ …