雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山登り初心者の服装の注意点

投稿日:

・服装

動けは体温が上がり暖かく、あるいは暑くなります。山の気温は一〇〇〇メートル上がるごとに六度低くなります。さらに風が吹くと体感温度はもっと低くなります。夏でも吹きっさらしのところにいればすぐわかります。寒暖の変化が激しいところですので着ているもので温度調整を行います。下着、中間着、上着の三種類で対処しますが、暑い時は(保温性のある)Tシャツ一枚でいても寒くなると長袖シャツを着たり、場合によってはフリースもあります。

保温性のある素材、吸水拡散性のある素材、速乾性のある化学繊維で作られた素材がたくさん出てきたのでせいぜい三枚程度ですが、ウェアを重ね着したり脱いだりして対処します。これをレイヤードと呼んでいます。レインウェアを組み合わせしたりなど状況に応じて対応します。これらの化学繊維のおかげで山登り活動も本当に楽になったと言えましょう。

夏に半ズボンで歩くのも悪くはありませんが、肌を露出したままにしておくとケガだけでなく濡れや温度変化への対応など注意すべき項目が多々あります。ズボンに関して言うと昔ながらのニッカボッカタイプに長いソックスでも構いませんし、縮性のある長ズボンでもいいでしょう。

ザックの機能性

昔は山登りのスタイルはだいたい決まっていました。色などもそうです。しかしここ最近に至ってはだいぶ様相が変わってきています。ザックカバーが降った時とかザックを汚したくない時などに使用されます。ただ、降雨時には下の方に水が溜まりザックの底が濡れることがあるので注意しましょう。

前面や側面に小物を入れるポケットが付いたもの、側面にポケットを付けられるようにしたものなどよく使うものの取り出しやすさを考慮していますが、第一はやはり背負ってからの安定性そして強度です。開閉部が上部にあるモデルがほとんどですが前面をファスナーで開閉するものもあります。色使いはずいぶんとファッショナブルになっています。機能性にも富んでいます。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山登り仲間とともに山に登ろうということになって計画を任されたら

・実力と旬を見極めプランニングすべし 問題です。来月の日曜日に、仲間とともに山に登ろうということになって、計画を任されました。さあ、どうしましょう?登山経験が豊富であれば、山を決めるのはさほど難しいこ …

no image

登山での上り下りの優先、注意点など

登り始めると山から下りてくる人とすれ違います。このすれ違いにも暗黙のルールがあります。自由にすれ違える広い道では構いませんが、狭い道ではどちらかが脇によけます。よける時は、原則は山側によけます。下りる …

no image

乱層雲などの雲の特徴

低気圧が接近している印で、巻雲は時間が経つにつれて「高積雲」や「高層雲」、そしていわゆるあま雲である「乱層雲」に変化していく。「曲がり」が多いものは「晴天巻雲」とも呼ばれ、この雲が出ると数日、好天に恵 …

no image

ハタネズミなどの平地の河原や畑の周辺にかけて棲息する生き物

亜高山帯以上ならニイガタヤチネズミが挙げられる。食虫類では平地から低山にかけて多いのが、ヒミズ(モグラの一種。日本特産)とアズマモグラ、コウべモグラなどである。これらは低山の動物といってよいであろう。 …

no image

アウトドアに持っていくもの

アウトドアでは、木登りが好きな子はとげだらけになってしまう。針ととげ抜きが必要だ。子ども向きリップクリームも、すぐ取り出せるところに常備しておこう。5日以上の長期旅行には、鉄分の入った複合ビタミン剤を …