雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山登りに必ずリーダーが必要である理由

投稿日:

どこぞの国の首相のように、リーダーシップを発揮せず問題を先送りにしていると、国が迷走してしまいます。リーダーは、いればいいというものではなく、リーダーシップを発揮できるリーダーであることが肝要、自明のことです。何事によらず、グループで活動するときには、リーダーが必要です。天下泰平なら、休憩とか出発とか、掛け声かけていれば用は足りるはずです。誰にでも首相が務まるように、無風快晴のメジャーなコースなら、名リーダーもリーダーシップを発揮する場面はないでしょう。

しかし、悪天候下、登山を続行するか、中止して避難小屋に停滞するかとなると、リーダーの決断一つにかかってきます。自分が責任を負わなければならない、非常な不幸があるかもしれません。それがないと保証することはできませんが、非常な不幸に出会う確率は、宝くじで3億円が当たるのと同じくらいの確率だと考えています。リーダーの責任は大きい、だからリーダーなんて引き受けたくない、という人がいますが、それは違います。だから、リーダーは面白い、やり甲斐があると、思います。

天気がさらに悪化したとき

例えば、リーダーを引き受け、悪天ながら、とりあえず出てみよう、という判断で悪天候下に出発することにしたとします。さあ、どうする。天気がさらに悪化したとき、進むか戻るかは、速やかに決断することです。3億円なんて当たりつこないと思いつつ宝くじを買うように、非常なる不幸に出会うことなどないだろうと、だろう運転、であることは承知しつつ、リーダーは引き受けてしまった方が、面白い山と出会えるチャンスが大きいと考えてます。

悪天候下の行動は、メンバーの気力、体力の有無が判断材料になります。その場で1時間も逸巡してはいけません。低体温症を招きます。メンバーがメリハリのある行動ができるようリーダーシップを発揮して下さい。お互いに気心が知れていることも、悪条件をクリアしうる大きな要件です。停滞すると決断したら、その後のことに手を打つ必要があります。翌日まで時間はたっぶりあるのですから、翌日の速やかな行動と、下山が遅れたことに起因する問題を考え、対応策を練っておくことです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

サイクリング自転車の選び方-どんなふうに遊びたいのか

子どもの乗ったトレーラーを引いて、なだらかな道を進むサイクリングは、たしかに趣味の点でハイキングにかなわない。氷河や高山植物のあるトレイルを行くわけではないからだ。ちびっ子抜きで本格的なクロスカントリ …

no image

スキーに子供といく場合、服装などの用意はバッチリと行う

クロスカントリー・スキーは、静謡で美しい自然と一体になれるスポーツ。しかも年長の子どもにとっては、冬のアウトドア技術をまたひとつ身につける機会でもあり、体力やテクニックを試すチャンスなのだ。自分のこと …

no image

障害者の子供にアウトドアは自信と独立心を与えてくれる

あるハンディのある子供を持つ家族の話。自信と独立心をアウトドアは与えてくれる。アウトドアのおかげで、カートの人生体験はカラフルになった。メキシコ湾では野生のイルカを間近に見、へラジカやビーバーを森で見 …

no image

サイクルトレーラーでのツーリングは重労働

子どもが一緒というのは、それだけで重労働だ、とある家族。ジョー・パーカーが飛びついたのは、西アイルランド。霧にけぶる山々、萱葺き屋根の民家、おとぎ話に出てくるようなお城。それでいて、訪れる人も少なく、 …

no image

並足哺乳類の代表的な足の動きを観察するには

並足哺乳類の代表的な足の動きを観察するには、近所にいるイヌやネコの歩き方を見るのが一番。また牧場や、近年とみに増えた郊外の乗馬クラブの馬場、あるいは競馬場などへ行ってウマを眺めるのもよい。 足跡は動物 …