雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山小屋は予約なしだと色々と面倒なことが増える

投稿日:

・山小屋は予約すべし

昔、山小屋の食事といえば、夕食はカレー、朝食はご飯に味噌汁と相場が決まっていました。予約なしで泊まり客が来ても、なんの問題もありません。昔々、山小屋は登山者の緊急避難の場所でした。予約する必要はなかったのです。当時は、小屋がぎゅう詰めになるほど登山人口が多いわけではありませんでした。中高年登山がブームとなってから状況が変わりました。

中高年登山客の味覚はシビアです。作り置きのカレーを供するような山小屋はスポイルされ、多くの山小屋で、食事のレベルが民宿並みになりました。山小屋は競って食事の改善に取り組みました。揚げ立ての豚カツやステーキが供される山小屋もあるくらいです。わが国は、休暇を取りにくいという社会状況があるためか、ベストシーズンの週末、山小屋は満員になることが多い。よい食事を用意するのですから、予約なしでは準備のしようもありません。要予約という山小屋が増えたわけです。

山小屋とパイプがつながります

予約の電話を入れるということで、山小屋とパイプがつながります。コース状況などアドバイスもしてもらえるでしょう。予定の時間に到着しないと心配してもらえます。山小屋は緊急避難の場所としての性格も残しているので、紅葉真っ盛りの連休、好天ともなると予約なしの登山者も思い立って登ってきます。すると小屋は超満員、一畳のスペースに4人寝かされた、なんて話も伝わってきます。それじゃ予約しなくても同じことだと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、それでも予約しておいた方が、なにかと安心です。

小屋に到着したら、速やかに受け付けをします。昨今、あたしたちはお客様なのよ、というような態度で、都会並みのサービスを要求する人が目に付くようになりました。姻びへつらう必要はありませんが、山小屋が特殊な環境下にある商売であることは理解して、できることは協力するようにして下さい。天気が悪化したりして、状況がシビアになったとき、どこかでだれかが自分たちのことを心配してくれているというのは、心強いことです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供に片付けを小さい頃から教えよう

キャンプでは彼女の天下だった、とある家族。娘って要求がこんなに多いのに、私達やっていけるかしら。そうは思っても、やらなきゃ小さな娘の健康と安全は保てない。夜通し起こされてもうろうとしていた私達は、朝を …

no image

山登り仲間とともに山に登ろうということになって計画を任されたら

・実力と旬を見極めプランニングすべし 問題です。来月の日曜日に、仲間とともに山に登ろうということになって、計画を任されました。さあ、どうしましょう?登山経験が豊富であれば、山を決めるのはさほど難しいこ …

no image

土砂崩壊対策-よいリーダーは皆さんの様子を見ている

待望の三〇〇〇メートルの夏山です。谷筋に残る雪を雪渓と言います。日本アルプスの山々には真夏でも雪の残っている山がたくさんあります。さすがに春は尾根筋にも雪がありましたが、いまは谷筋だけです。少し離れた …

no image

高山病の症状は頭痛、めまい、嫌悪感、食欲不振、睡眠障害など

日本の山は一番高い富士山でも三七七六メートルしかなく、ヨーロッパアルプスやヒマラヤに比べ低いので高山病などないと思っていませんか?高山病は二〇〇〇メートルを超えると可能性がありますが、三〇〇〇メートル …

no image

山では風により体感温度がグッと下がる

山では風により体感温度がグッと下がる。 一〇m/秒の風であれば、一〇Cも低く感じる。山へ登ると気温が下がる。一〇〇〇mの山であれば、頂上では地上よりも五・五度、気温が低い。これに風が加わるから、山での …