雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山小屋とはどんなところ?

投稿日:

山小屋というのはどんなところなのでしょう。通年営業、季節営業、週末営業などがあり、計画時に確認しておくことが必要です。開設期間と予約開設期間は山小屋により違ってきます。予約しなくてもいい場合も多々ありますが、食材の購入とか営業小屋にはそれぞれの事情がありますので、止むを得ない場合、たとえば急病人とか調子がよくなくて予定通りに行けなかっただとか、そのような場合以外は極力予約するようにしたいものです。

予約してもそれがそのまま優遇ということにはなりません。山小屋の立場からすると特殊な立地条件にあるということで、登山者は誰でも公平に迎え入れなければなりません。夏の繁忙期には畳一枚に一人が寝るということも珍しくないようです。現地の場合は携帯電話とか、麓に事務所がある場合はそこに電話してもらうとかいろいろあります。予約は電話で受け付けているところがほとんどのようです。

ギリギリの連絡よりは早く通知

予約したままだと場所が場所だけに遭難のことも考えざるを得ず、小屋では当然心配します。前納ではないはずなのでキャンセル料金などは発生しないとは思いますし、小屋の立場になれば、ギリギリの連絡よりは早く通知された方が何かと便利です。番号は市販のガイドブックにも掲載されていますし、現地の市町村の観光窓口でも案内してくれるところがあります。もし予定が変更され、予約取り消しが必要になった場合はできるだけ早く連絡しましょう。山小屋といっても麓から比較的便利に行ける場所にあるものもありますし、山頂付近とか稜線上にあるものもあります。

あるいは高さ的にはその中間で、山の中腹とか分岐に位置したりします。大きさにも多々あり、何百人も収容できるところから一〇人程度の収容能力のところまでいろいろです。素泊まりの登山者のための自炊室、食堂、一般登山者の宿泊室、やや料金がアップしますが、個室、乾燥室など、そしてもちろんトイレが設備としてあります。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

障害者の子供にアウトドアは自信と独立心を与えてくれる

あるハンディのある子供を持つ家族の話。自信と独立心をアウトドアは与えてくれる。アウトドアのおかげで、カートの人生体験はカラフルになった。メキシコ湾では野生のイルカを間近に見、へラジカやビーバーを森で見 …

no image

アウトドア用のナイフの使い道-人気のあるおすすめで多機能なのは?魚捌きも

アウトドア用のナイフの使い道は色々ある。アウトドア用は、道具として役に立つばかりでなく、使う人間の心と深くつながっている。だから、そのことを理解している人にこそ、アウトドアナイフ用を使ってほしいし、ア …

no image

車の長旅の際の子供への様々な対応

海外で縦走をしたときに心配だったのは食事方法だった、とある女性。泣く子をあやす揺り椅子も、子ども用の高椅子も存在しない。この女性は海外で数ヶ月車で縦走をしたそうだ。タオル地の前かけを頭からかぶせる。食 …

no image

ハイキングなどで持っていく子供のおやつに関する注意点

赤ちゃんにお薦めの食品は、全粒粉クラッカーの加糖していないシリアルレーズンなどのドライフルーツ・果物、自家製板ヨーグルト低脂肪チーズ。どんなときも、ティッシュ同様忘れてはならないのがおやつ。離乳食が食 …

no image

地図閲覧サービスウォッちずは便利

登山道の状態や施設の状況などは、大きく変動することがあるので注意すべきだ。大雨や大雪、雪崩などの影響によるものだ。山小屋は火災などの事故で廃業している場合もあり得る。したがって、詳しい書き込みがある地 …