雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山小屋の設備ってどうなっているの?

投稿日:

山小屋は、山という場所もありますが、全体的に必要最小限のサービスができる体制にはなっておりますが、街の民宿などと同じにはしない方がよいでしょう。最近は食事の質もよくなったり、泊り客とのミーティングを開いたりして個性的な小屋も増えています。どちらにしても水は貴重な資源であり、販売している小屋もあります。土砂降りの雨に降られて小屋に入った時の感触はまるで天国のようです。

最近は携帯電話での連絡がほとんどとは思いますが、公衆電話を置いてある小屋もあり、自宅に無事の電話もできます。近くで遭難者があった場合など救助したりなどもしています。しかしながら調子に乗って、疲れている、小屋のそばにいるから迎えに来いなどと携帯電話で呼び出さないようにしたいものです。泊るための小屋ですので原則としては夕方から朝までになります。夕方三時、四時頃には到着して翌朝、遅くとも七時、八時頃までには出発しましょう。昼は小屋の掃除とか休憩の時間帯になります。

泊まり客が多い時は夕食、朝食とも分けて摂ることがあります。小屋の指示を確認しましょう。山の朝ほど一日のうちですがすがしいものはありません。早い人は五時、六時には出発します。もちろん天候にも左右されるので決まっているわけではありませんが、山の天気は午後になると変わりやすいので到着は遅くなく、出発は早めの方がよいと思います。消灯時間は確認しておいたほうがよいでしょう。いろんな行動日程の人が来ているので消灯も早めになります。早めの出発の人は朝食時間を確認します。

まず到着したら受付をします。会計も済ませておきます。場合によっては朝食としてお弁当を作ってくれる小屋もあります。有料で作ってくれる場合もあります。朝食とは別に昼食のお弁当も聞いてみたらよいでしょう。登山靴は備えてある靴箱等に入れますが名札はつけておいたほうがよいでしょう。名札を準備している小屋もあるようです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

春の山では野草の花の訪れとともに人々は山へ向かいます

春の山は、雪が解けて、春の花が咲き始めると人は山へ向かう(ハイキングと登山)。自山連峰、北アルプス、妙高連峰、飯豊連峰など高い山山はまだ雪で覆われていますが、その前衛の山々では雪解けも始まり、雪が解け …

no image

国土地理院発行の地図について

・地図は見るのではなく読むもの 地図は見るのではなく読むものです。長いこと5万分の1図を使い、慣れ親しんでいましたから、2万5600分の1図を使い始めたときは、頭を切り替えるのが大変でした、とベテラン …

no image

レンズ雲などの雲の種類

・レンズ雲 レンズ雲を見たときには、すでに辺りにはかなりの風が吹いており、その後はさらに強烈な風に見舞われる。強い低気圧の接近や活発な前線に伴って現われるから、その後、強風を伴った大雨となるのである。 …

no image

ノウサギ観察-せっかく見つけたが走り去ってしまった

せっかく見つけたノウサギが走り去ってしまったからといって、慌てることは狙ない。そこからは体力勝負である。ゆっくりと着実に出来たてホヤホヤの足跡を追っていけば、ときどき彼らの姿を見つけることができる。 …

no image

ガレ場、ザレ場、木の階段などを登山で歩く際の注意点

ここでは、登山の時に遭遇する木の階段やガレ場などの特徴を紹介していきます。 ・木の階段 歩きにくいからといって脇を歩くのは注意した方がよさそうです。現実には脇を歩いた跡がたくさんありますが、この木の段 …