雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山歩きでなによりも優先すべきこと

投稿日:

何よりも優先すべきことがあります。それは安全な所で休むということです。この原則を守っていないパーティーが意外に多いのです。コースをよく知っている人がいれば休憩によいポイントにあわせ、数分程度ずらすのは構わないと思いますが、三〇分になったり六〇分になったりしてはリズムよく歩けません。休憩の時に倒れるように寝る人や、ザックを背負ったまま立っている人など様々ですが、必ずザックをおろし、腰をおろしましょう。

恐らく優秀なリーダーはこの時にさりげなく顔色チェックをしたり、行動記録を記入したり、地形図で次の行程のチェックをしていることでしょう。みなさんも必ず地図による現在地のチェックを行いましょう。余裕があればストレッチもぜひやっていただきたいものです。面倒がらず、水分と行動食をこまめに摂るようにし、周りの人とも気軽に話をしましょう。コースタイムには国際的な基準はありませんのでガイドブックや地図により異なります。ガイドブックや登山地図のコースタイムより早いとか遅いとかいう会話があるかもしれません。

道を見失わないこと

道を見失わないこと(地図を読む前に)歩ければ登れる山ですが、もっと大事なことは目的の山に登った後に帰って来なければならないことです。そのためには歩く力などの体力のほかに正しい道を見つける技術が必要です。早いから私たちは凄いとか、遅いからダメということはありません。あくまで目安で継続的に見て価値をうむものです。もし遅い場合はその後の行程も遅れる可能性がありますので行程を見直す必要があるかもしれません。

その有力な手段が地形図だと言えます。そしてその地形図を正しく使うための道具がコンパス(磁石)です。ただ、現在地がわからなければ、そもそもその地形図上にいるかどうかもわかりません。地形図とコンパスがあれば道に迷わないか?答えは否です。登山口までとタクシーに乗ってまったく別な登山口に下ろされ、気づいていない人もたまにいます。そして地図の道がいまもその位置にあるという保証もないのです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

自然を楽しみながらのおしゃべりと食事

ブランケットを敷き、バスケットをテーブルがわりにして、自然を楽しみながらのおしゃべりと食事。ときには、釣り、狩り、スポーツ観戦といったものと一緒に。それがピクニックだ。ピクニックは非常に手軽で簡単。こ …

no image

山岳救助要請をするかは天候やパーティーの状況で判断

遭難者を探しに行く場合、荷物が重い場合はその場に置いて必要最低限のものを持ち探しに行きます。人数がいれば現在地を中心としてもと来た道を探します。印をつけながら探します。天気がよい時は木に登ったり見晴ら …

no image

山での汚物の問題-果たして持って帰れるものなのか

日高山脈の盟主、離脱岳は日本百名山の一座。日本百名山の著者深田久弥さんは、新冠川を遡り、七つ沼カールにテントを張って一泊した翌日、腕尻岳の頂に立ちました。日高山脈の七つ沼カールは、登山者の聖地です。一 …

no image

登山は筋力トレーニングが必要

登山中に腕力が必要なときもたまにはある。たとえば、岩壁の鎖場である。ちょっとした低山でも、急斜面には鎖場が設置されているところがある。あまり鎖に頼るとかえって危険な場合も少なくない。だが、ともかく両腕 …

no image

並足哺乳類の代表的な足の動きを観察するには

並足哺乳類の代表的な足の動きを観察するには、近所にいるイヌやネコの歩き方を見るのが一番。また牧場や、近年とみに増えた郊外の乗馬クラブの馬場、あるいは競馬場などへ行ってウマを眺めるのもよい。 足跡は動物 …