雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山を読む、山を見る-ルート(コース)維持と現在地の把握

投稿日:

・山を見る、山を読む

ルート(コース)維持と現在地の把握では、地図と周囲の風景を対比させることが必要になります。登山能力、技術に関係なく方向感は道の屈折状態に支配される結果が得られたとあります。一方で登山リーダーのコンパスの携帯率は四五%、地図の携帯率は七〇%、さらに利用率はもっと低い。実験によりますと、一般登山者が地形図、コンパスで自分の現在位置を確認するのは登山日、分岐点、眺望のよい場所などに限られる。

しかし、このような場所以外ではその人の方向感に頼った歩き方がなされている。毎年、起こる道迷い遭難は無事に救出されるケースが多い反面、気持ちの焦りもあるのでしょうか、転倒、滑落、疲労衰弱、凍死そして餓死等にいたる深刻な複合型事故に結びっくケースも多いとの報告があります。道迷いの根本的な解決は居場所、つまり現在地を把握することにある。そして現在地の把握には、地図と現実の対応が不可欠だとなります。地図とコンパスを携帯し、常に利用できる状態にあることが必要で、さらに読図(地図は見るのではなく読む行為が必要です)ができるようにならなくてはいけません。

山の中はそうはいきません

街中なら住所や建物とか態なら果樹園とかが目印になりまが、山の中はそうはいきません。一般的にはコースの取り方として赤布、道標、木につにはなりますが、それがない場合には、等高線を基にした地形た方向判断が必要になります。全員無事ということで不幸中の幸いではありましたが、一歩間違えはとんでもないことになるということも十分知っておくべきです。

・携帯電話

山歩きの心の基本は単独行であると言った人がいましたが、街中ではないという考え方で使用してほしいものです。遭難しそうになった体調を崩した時、いつでも連絡ができます。しかし、自分の居場所がわからず山小屋の人を山中で呼び出したりとか、人の迷惑を考えない使い方をしている登山者もいるようです。諸刃の剣とでも言うのでしょうか。ある面では非常に便利です。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

その日のために心の準備をしておきたい-ある家族のキャンプの話

ある家族のキャンプの話。ペンシルバニアからコロラドまでが1週間、あとは現地でラマを調達したり、オリエンテーリングの講習会に参加したりでもう1週間。あんな狭いところに計2週間も閉じ込められるのだ。もしこ …

no image

山での行動食でのおすすめは何?

お昼の弁当といえば、昔は手作りのおにぎりかサンドイッチと相場が決まっていましたが、昨今ではコンビニのおにぎりが主流です。日帰りのハイキングなら、それで問題ありません。行動中、昼飯に相当する食事は行動食 …

no image

登山中に遭遇するダニの予防

登山中に遭遇するダニの予防。 山では、背の高い草や厚い低木の茂みを播き分けて進むことがある。そんな場合も、いろいろな危険が伴う。袖の長いシャツやスラックスを身につけ、首の周りにはスカーフやバンダナ、そ …

no image

夏の入道雲風物詩ですが雷(熱雷)を発生させます

高い山でもアプローチが必要な所もあります。熱中症の予防の第一は水分を十分に摂ること、帽子を着用することです。睡眠不足を避け、無理な行程を組まないことは言うまでもありません。ガイドブックに夏は不適となっ …

no image

花も恥じらう乙女たちの無知が原因で起こった低体温症

以前、ティーンの女の子グループを引率してバックパッキングしたことがあった、とある人。彼女達は皆、山ではしないと、悲槍な決意で臨んでいる。ある夜私は懐中電灯をつかみ、全員についてくるよう命じた。何日も我 …