雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山の知識がない己を知らない人は危険

投稿日:

・山を知り、己を知る

山を知り己を知らば、百山するも危うからずとは、孫子の兵法をもじったものです。ある登山家は、山登りを始めたばかりの1961年、高校2年の夏休み、甲斐駒ヶ岳と仙丈岳に登りました。5月の奥多摩、6月の丹沢に続いて7月、3回目の登山が南アルプスになった理由。クラスメイトに甲斐駒ヶ岳の登山口、白州町(現・北杜市)台ヶ原に実家のあるK君がいて、岩崎、山が好きなんだから俺ンち泊まって、甲斐駒ヶ岳に登ったらいいじゃんと声掛けてくれた。

夏休みで時間はたっぶりありますから、どうせ行くなら1週間くらい山に入ってやろうと考えて、黒戸尾根→甲斐駒ヶ岳→仙丈岳→三峰岳→間ノ岳→北岳という、登山経験3回目にしては壮大な計画を立てました。若気の至りで、向こう見ずだった。山も知らなかったし、己も知りません。経験不足だからまだ無理とか、だから行かないなんてことは考えもしませんでした。当時、山小屋に泊まるには、1泊に付き米3合持参しなければなりませんでした。K君の家に一晩世話になり翌日、勇躍、黒戸尾根に向かいました。ザックが歩いていると言われたくらいの大きなザックを背に、我が家を出たのです。

初めて背負う重たいザック

ザックは20キログラムを超えていました。1合は夕食、1合は朝食、1合は昼の握り飯になります。屏風岩の様子の登りでは足がつってしまいました。北岳までなんて行けっこありません。だましだまし、なんとか七丈小屋に入りました。仙丈岳に登ったら戸台に下ることにして、お米など不要な荷はすべて七丈小屋に置きました。3日日、仙丈岳に立ち戸台に下山したのです。

己を知って、はなっから甲斐駒ヶ岳と仙丈岳の2山として、2泊3日の計画にしていたら、足をつらすことなどなかったのに、3年も昔のことを懐かしく、恥ずかしくも思いだす今日この頃であります、とある登山家。昨今、山を知らず己を知らないまま山に入る人が、増加しています。山を知り己を知らなければ、安心安全なプランニングができるはずがありません。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ポータブルトイレはアウトドアで役に立つアイテム

トイレができる子どもアウトドアへ子どもを連れていこうとしたとき、一番心配なのはトイレだ。たしかに家みたいに便利にはいかないが、それでもなんとかなる。そのために貴重なアウトドア体験をあきらめないでほしい …

no image

モズは高鳴きとは違うさえずりを歌う

モズは高鳴きとは違う「さえずり」を歌う。求愛である。つまり、「縄張りの誇示」のためには速賛を使うことはないだろうと思う。争いに勝った個体は、いわゆる「モズの高鳴き」をする。小枝の先で「ギギギギーッ」と …

no image

初めての幼児とのスキー

ある人は、娘が生後6カ月のころから4歳になるまで、そりを引いてスキーをした。三連休などにバンガローを借りて、そこをべースにデイトリップに出かける。これが彼らの十八番スタイルだった。娘はそりが大のお気に …

no image

ウォーキングの靴選び-それぞれ特徴を知る

山に行く最初の条件は歩くこと(山に入る前にするべきこと)世の中あげて健康ブームです。手軽な健康法としてウォーキングは人気が高まっていま都会の団地では買い物は車に乗っていくのに、毎晩団地の中を歩きまわっ …

no image

自転車牽引トレーラーでのツーリングは大変

自転車トレーラーでのツーリングは大変だ。歩道橋を渡るのも大仕事である。階段の昇降をしないと、向こうへ行けない。自転車やトレーラーを担いで上がるのは、小さい子供ひとりでは無理。だからといって、赤ちゃんや …