雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山の知識、教養-子ども達にしっかりと教えてあげよう

投稿日:

枝や茂みの突き出たところを通るとき、押さえておく。火の起こしかた、水の探しかた、避難場所の探しかた。山でのいろはを教えるのに、早すぎるということはない。子ども達だけで、あまり先に行かせないこと。視界から外れないよう、言い含めておく。先頭をきるのは、子ども達にとってすごくうれしい特別なことだけど、そばに大人がついて安全を確認するべきだ。

谷あいの低地では、湿っぽくてカビ臭いような土の匂いがする。ひらけた尾根道を歩くと、陽にさらされた石や砂の乾いた匂い。訪れたところを感覚で覚えておけるし、方向感覚も磨かれる。五感をフルに使えるように指導してあげよう。定評のあるアウトドア・ガイドブックで、きちんとおさらいしておこう。足元が不安定な場所では、ストックを大人の間に渡して手すりにし、子どもを真ん中にして歩く。短時間ハイクでも、テイッシュかトイレットべーパーは忘れずに。登山口に戻るまで待てないことだってある。

大人が1人ずつ責任をもつ

トレイルの進みかた、分岐、そして道を間違えたかもしれないときにはどうやって道標を探すか。一緒にリードをとりながら練習しよう。子どもが少し大きくなって先頭を行きたがったり、自分のペースを意識し始めたら、道標(テープかべンキ)に従った山歩きのしかたを教えよう。先頭と最後尾は、大人が1人ずつ責任をもつ。2人以上大人がいる場合は、分散して子ども達のそばにつく。

子どもに任せて親はすぐ後ろからっいていくと、きちんと気をつけて道標を見ているかどうかがわかる。トレイルが何本も交差している森のなかなら効果も高い。文字で方向を表示してあるトレイルでは、前もってそのように教えておけば、子ども達もあわてずにすむ。休憩時には地図を広げ、現在地の確認をする。読図の練習にちょうどいい。この先に続くトレイルの状況も地図を見て話し合おう。年長の子ども達には各自地図と、そのトレイルを説明してあるガイドブックの頁をコピーして持たせよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

アウトドアを大好きになることが長続きする秘訣

アウトドアを長続きさせるには、あなた自身がアウトドアを大好きになることです。これは、非常に大事なことです。そして、気ばらず、気楽に、本当に楽に、あなた流にやればいい。ディスカウントストアでテントとツー …

no image

登山靴は重いものから軽いものへ

登山は岩山を歩き、けわしい道を登る。登山靴は当然、それを想定して作られている。そうした点で、トレッキング・シューズはあまり激しい登山には向いていない。登山靴は重いものとされてきたが、最近のウォーキング …

no image

登山における低山とはどんな山のことか?

・低山とは、どんな山のことか 地球上ではその土地によって、気温、湿度、雨量、地質など、さまざまな環境要因に違いがある。とくに気候によって区別される地域は、おおむね生物の分布帯に一致している。日帰り登山 …

no image

ヨーロッパにまで自転車ツーリング行けない人、気を落とさないで

自転車トレーラーでの雨の中での旅。雨に濡れながら1日中走るわけで、テント設営だの食事の支度だの、そんな気力は残っていない。宿に泊まってその辺の負担を軽減するほうを選んだ、とある家族。アイルランドの人々 …

no image

カヌーを教える際の注意点

ボーイスカウトのカヌー指導をしてきた指導者は、子ども達にバウもスターンも両方体験させるという。子ども達は自分から率先して、交替しますとは言わないから、指導してやらせるのだそうだ。カヌーは、技術や経験の …