雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

いきなり山でテント泊するのは初心者にはおすすめできない

投稿日:

ある会では、山行によっては水が共同装備になることもありました。それは別に水を飲まさずしごくためでなく、水の入手が困難なところでは運べる量に限りがあったからです。食料がなくなっても人間は水さえあれば一週間くらいは生き延びることができますが、水がなくなるとそんなに持ちません。最近は、水をどんどん飲んだ方がよいということで個人に任される所が多いようですが、コースに合わせ管理する必要があることに変わりはありません。山小屋の楽しみはどこへその点山小屋を利用すると、水の心配もいらず、食事の心配も、寝具の心配も不要です。

水無しでは、真夏に半日歩くのもかなり苦痛です。テント泊りはいろいろな制約がありますので、初心者はいきなり山で幕営するのではなく麓での幕営を経験してからの方が安全です。まず一泊の小屋泊りから始めるのが良いでしょう。小屋が多いのは八ヶ岳や奥秩父、丹沢などですが、交通機関の発達により利用者が少なくなっているようです。南北アルプスや尾瀬など登山客の多い山小屋はだんだん企業化しつつあるようです。

食事もずいぶんよくなりました

小屋によっては夏にはスイカからステーキまで売っており、食事もずいぶんよくなりました。そして個室も当たり前になってきました。もちろんしっかりした経験者がいて指導してくれる場合は別ですが。昔の山小屋は火の周りに集まって小屋の親父さんの話を聞いたり、現れてくるタヌキやムササビ、リスなどの動物の話を聞いたりとても楽しい一時がありました。

剣岳の北方稜線で起きた登山経験の少ない夫婦の事故も、小屋の親父さんのあなたたちには無理だからやめなさいという制止を振り切って出かけて起こした事故のようです。小屋の人は親父さんをはじめ地元をよく知っています。機会があればよく話を聞き、機会がなければ作って聞いても損はありません。そうしたほのぼのとした人情はかえって都会近くの小屋に残っているかもしれません。大きな小屋は旅館化し、客も干渉を嫌ったりでだんだん触れ合いが減って来たのは残念なことです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ユタ州エスカランテのデス・ハロウでのキャンプの思い出

生後7ヵ月の子供を伴って、ユタ州エスカランテのデス・ハロウでのキャンプは今だに忘れられない、とある女性。いい感じの場所が見つかったと喜んだのも束の間、上流のほうで暗雲が広がり始めた。ふと頭に浮かぶ鉄砲 …

no image

息苦しくなったらます吐くようにしましょう

・息苦しくなったら、ます吐くべし 奥多摩の人気コース高水三山では、最寄りの軍畑駅に登山者・ハイカーたちが降り立つと、準備体操もせずに山頂を目指して歩き始めます。鎖を外された猟犬みたいに、街のスピードで …

no image

山での遭難事故は多い-過去の例に見る危険性

川苔山は奥多摩駅にほど近い、駅から登れる山として人気のある山です。都内に住むKさんが奥さんに川苔山に登ってくると言って川苔山に向かったのは三月でした。三日後、登山道から一五〇メートル下で遺体で発見され …

no image

銀座カラーでの全身脱毛の体験談

ある時、私の嫁が全身脱毛をしたいと言い出しました。嫁が、実際に全身脱毛を体験して、かなりよかったというサロンがあり、そのサロンが、「銀座カラー」で、日本全国に店舗を構える超有名店でした。 嫁が脱毛サロ …

no image

ハイキングに行く際の子供の服はどんなものがいいか?

子供がハイキングに行く際に着せる服は、どんなものがいいか。寒い季節には、何をおいても必要なのは新素材のタートルネックだ。最近のフリース人気でデパートでも類似品が買えるが、アウトドアメーカー製のほうが、 …