雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山での食事のエネルギーについて

投稿日:

・山での食事の意味を知るべし

街中なら動けなくなったらタクシーに乗れるし、いざとなったら救急車も来てくれます。しかし、山の中ではそうはいきません。人にとって食べ物はガソリンと同じ。ガス欠っていうじゃないですか。ガソリンタンクが空になれば、自動車が走らなくなるように、食べずに運動していると、筋肉に供給されるエネルギー源が枯渇して、筋肉は働かなくなってしまいます。腹が減って動けなくなることを、山の世界ではシャリバテと言います。

山を趣味とするマウンテニアもハイカーもクライマーも、腹が減っては山に登れない。腹が減っては戦はできぬ、というのは往古の武士ばかりではありません。山登りでは、どれくらいエネルギーを消耗するのでしょうか。体育大学教授の著書登山の運動生理学百科によると、1時間の運動で体重1キログラム当たり6キロカロリーのエネルギー消費があります。山での食事というのは、エネルギーを補充するという意味なのです。

頼りになるのは自分だけ

体調が悪くても、喉を通る食べ物がザックの中に入っていると、安心です。体重60キログラムの人なら、360キロカロリーのエネルギー消費です。6キロカロリーは空身の場合で、20キログラムのザックを背負っていると9キロカロリーになるといいます。休憩のたびに摂らなくてはいけない、というものではありませんが、仮に1時間行動して10分休憩、このとき1時間分の消費エネルギーを補充するとすれば、360キロカロリーの3分の1で120キロカロリー。ご飯なら茶腕半分です。

ご飯は茶腕一杯で約240キロカロリーなので、ご飯を茶腕三杯食べなければなりません。前述の著書によると、3分の1程度を補充すればいいということなので、補充すべきは720キロカロリーとなります。これを一度に摂るとお腹は重くなるし、眠くなったりして食後の行動に支障が出たりします。そんなことにならないよう、山での食事は、行動の合間、休憩のたびに少しずつエネルギーを補充する行動食としたほうが合理的です。小さなおにぎり一つ、これなら10分の休憩時間でもペろっと食べられますし、胃の負担も大きくありません。自分のお腹と相談して、無理なく召し上がって下さい。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

えびの高原ではススキが穂を出し始めている

えびの高原ではススキが穂を出し始めている。この時期の尾瀬を彩るのは、サワギキョウやミヤマアキノキリンソウだ。九月に入ると、すぐに北海道の旭岳ではチングルマが綿毛をまとい、秋の到来を告げる。 下界は暑さ …

no image

山岳救助要請をするかは天候やパーティーの状況で判断

遭難者を探しに行く場合、荷物が重い場合はその場に置いて必要最低限のものを持ち探しに行きます。人数がいれば現在地を中心としてもと来た道を探します。印をつけながら探します。天気がよい時は木に登ったり見晴ら …

no image

並足哺乳類の代表的な足の動きを観察するには

並足哺乳類の代表的な足の動きを観察するには、近所にいるイヌやネコの歩き方を見るのが一番。また牧場や、近年とみに増えた郊外の乗馬クラブの馬場、あるいは競馬場などへ行ってウマを眺めるのもよい。 足跡は動物 …

no image

野うさぎは直径五mくらいの円を描いて走る

猟犬にビーグルという品種がある。この犬種はウサギ狩り用である。比較的小形で走るのが遅い。そして「ワンワン」と映えながらウサギを追うという習性を持っている。ビーグルを放すと、嗅覚を使ってたちまちウサギを …

no image

子連れのアウトドアイベントでのポイント

子連れバックパッキングは、できるだけ早く始めよう。夜の職が降り、朝日が昇るのを、自然のなかで体験することは赤ちゃんにも多大な精神的影響を与えるのだ。トレイルを2~3キロ歩いただけで、魅力を楽しめる。子 …