雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山でのルール、モラルをしっかりと子供に教えよう

投稿日:

子供と山にハイキングに行く場合、山でのモラルを子供に忘れず教えよう。そして、山では一日一善は励行したい。また、山でストーブを使うことになった場合には、ストーブの使いかたをしっかり子供にも身につけさせる。ストーブの故障、爆発、燃料漏れなど、危険な状態への対処法も指導する。燃料充填は、食料や調理具から離れた場所で慎重に。点火するときはストーブに顔を近づけないこと、使用中のストープと燃料ボトルは離しておくこと、使用中のストーブのまわりでふざけないこと、そしてストープをていねいに扱うこと。

ポンピングと着火も慣れるまで難しいので、練習にも大人のアシスタントがっいていたほうがよい。何かあっては大変だ。グループ内でも、個人差は大きい。年齢、体力などで一番弱い者に合わせたプランニングを。子ども達に、この自然は皆のものだから皆で協力して守っていくのだと、説明しよう。

自然を自然のまま保護する一善なら

人のごみを拾ったり、指定地域外でのキャンプ跡を見つけたら楚き火の跡を壊したり、自然を自然のまま保護する一善なら何でもいい。自分の荷物量に責任が持てるようになるまでは、こちらの指導に従わせる。最低必要な装備(レインギアなど)を持っているか、不必要な荷物はないか、出発前にチェックする。安全管理は厳しくやり、遊ぶときには童心に返り、そして常に忍耐とユーモアを忘れない。

バックカントリーでのマナーや、ローインパクト・テクニックを身につけさせよう。子ども達の居場所や行動には、常に注意を怠らない。彼らの安全を守ることが、引率者の最重要課題である。子どもも大きくなるにつれ、自分の体力や能力を過信する傾向がある。必要とあれば迷わず忠告しよう。彼らの世代がどう地球を扱っていくか、それは私達のトレーニング次第。仲間はずれにされている子を、さりげなく歓迎してあげよう。そして、ほかの子達がその子と仲よくする気持ちになる。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ドライブ中にゲームで車内を盛り上げて子供を喜ばせよう

子供とのドライブで子供を退屈させないようにするにはどうすればいいか?思考や意思疎通が論理的にできるほど大きくなったら、ゲームを取り入れよう。1歳半のブライスでも、ワンちゃんゲームができる。知っている犬 …

no image

山での行動食でのおすすめは何?

お昼の弁当といえば、昔は手作りのおにぎりかサンドイッチと相場が決まっていましたが、昨今ではコンビニのおにぎりが主流です。日帰りのハイキングなら、それで問題ありません。行動中、昼飯に相当する食事は行動食 …

no image

登山の1日のペース配分は?

・一日のペース配分 たとえば一日の行程が五ピッチとしましょうか、そして一ピッチが五〇分歩きの一〇分休みとしましょうか、その場合、登山口から登りはじめの時のピッチは調子を見るために比較的ゆっくり歩きます …

no image

リーダーシップ・フォロワーシップ・メンバーシップの重要性

2009年、大雪山系トムラウシ山低体温症により8人が死亡するという山岳遭難事故の中間報告が提出されました。その中に、参加者個人の意見は言わないのが暗黙のルールという指摘がありました。それってちょっと違 …

no image

キャンプの騒音などの問題

管理人のいる規律正しいキャンプ場でさえ、隣人との交渉が必要になることがある。ある家族がキャンプ場を、利用したときのこと。ほかのサイクリスト数人が先に来ていた。グループの別の人に、遅くまで起きているのか …