雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山登り仲間とともに山に登ろうということになって計画を任されたら

投稿日:

・実力と旬を見極めプランニングすべし

問題です。来月の日曜日に、仲間とともに山に登ろうということになって、計画を任されました。さあ、どうしましょう?登山経験が豊富であれば、山を決めるのはさほど難しいことではありません。登ってみたい山のストックがたくさんあるからです。まず、登るべき山を決めなくてはなりません。毎月一山に登ったにせよ、1年で登れるのは、12の山に過ぎません。漫然と登っていては、山のストックは増えない。

山登りを始めて半年や1年くらいの人は、登るべき山を決めるのは苦労させられます。登りたい山のストックがないわけです。好奇心というアンテナをしっかり立てておく必要があります。山頂に立てば、周囲に山はたくさんあるじゃないですか。一つ山に登ると、登りたい山が三つ増えると、言い合ったものです。振り返れば、東に大山が三角錐の美しい姿を見せています。どんと富士山も日に飛び込んできます。北には丹沢山、その左手に難ヶ岳、さらに左に日をやると、樹洞定が指摘できます。丹沢のヤビツ峠から表尾根を辿って塔ノ岳の山頂に立ったとしましょう。

愛鷹山も見え箱根の主峰神山も見えています

3山どころではありません。愛鷹山も見え、箱根の主峰神山も見えています。実際、自分の目で確認してのストックですから、間違いありません。これで七つの山のストックができました。登りたい山をストックするもう一つの方法は、ガイドブックを片っ端から読むことです。他方、丹沢とか奥多摩・奥武蔵という山域でまとめたガイドブックがあります。

山域の概念を知るには便利ですが、選択肢がその山域に限られてしまいます。山域に関係なく、ベストコースを紹介したもの。ガイドブックには、2種類あります。面白いコースを選べるという点ではメリットがありますが、山域の概念を掌握するには情報不足です。どちらが、良いとか悪いとかは決められませんが、両方揃えておくことを、お勧めします。さて来週、どこの山に出かけましょうか。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山時にメモ帳に時間などを書いていくようにする

・メモする習慣を付けるべし 体力を計る物差しは、山に登ること。たわいもない坂道で息を切らせて、自分の体力の無さに標然とする人もいるでしょうし、胸突き八丁の急坂をスイスイ登って行ける自分に、自身のことな …

no image

初夏の山での花や森林の素晴らしさや魅力

初夏の山(六月)。梅雨の晴れ間は素晴らしい登山日和六月が春か夏かは難しい問題です。九州では夏ですが、北海道では春です。梅雨のない北海道の山に行く人も多いのですが、この時期の北海道の山はまだ春です。日本 …

no image

自転車トレーラーの旅の魅力と難しさ

自転車トレーラーでの旅を計画したいあなた。しかし、自転車トレーラーを牽引するとなると、気軽なサイクリングとは、ずいぶん勝手が違ってくる。トレーラーが後ろにあると、走行幅は少なくとも60センチ必要だ。路 …

no image

キャンプではキャリアが役に立つ

キャンプでは、キャリアが役に立つ。メーカーも薦めているように、キャリア内の安全ストラップをきちんと締める習慣をつけよう。背負っている人が転んでも、これで子どもは大丈夫なはず。もっとも、子どもを背負って …

no image

動物の中でも哺乳類は移動力がある

動物の中でも哺乳類は移動力がある。低山だけに棲息するというものは多くない。果実が好物のニホンザルは、低山の森の代表的な動物に思える。だが、北アルプスでは、春先に山麓部分にいたサルの群れが、暖かくなるに …