雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山登り仲間とともに山に登ろうということになって計画を任されたら

投稿日:

・実力と旬を見極めプランニングすべし

問題です。来月の日曜日に、仲間とともに山に登ろうということになって、計画を任されました。さあ、どうしましょう?登山経験が豊富であれば、山を決めるのはさほど難しいことではありません。登ってみたい山のストックがたくさんあるからです。まず、登るべき山を決めなくてはなりません。毎月一山に登ったにせよ、1年で登れるのは、12の山に過ぎません。漫然と登っていては、山のストックは増えない。

山登りを始めて半年や1年くらいの人は、登るべき山を決めるのは苦労させられます。登りたい山のストックがないわけです。好奇心というアンテナをしっかり立てておく必要があります。山頂に立てば、周囲に山はたくさんあるじゃないですか。一つ山に登ると、登りたい山が三つ増えると、言い合ったものです。振り返れば、東に大山が三角錐の美しい姿を見せています。どんと富士山も日に飛び込んできます。北には丹沢山、その左手に難ヶ岳、さらに左に日をやると、樹洞定が指摘できます。丹沢のヤビツ峠から表尾根を辿って塔ノ岳の山頂に立ったとしましょう。

愛鷹山も見え箱根の主峰神山も見えています

3山どころではありません。愛鷹山も見え、箱根の主峰神山も見えています。実際、自分の目で確認してのストックですから、間違いありません。これで七つの山のストックができました。登りたい山をストックするもう一つの方法は、ガイドブックを片っ端から読むことです。他方、丹沢とか奥多摩・奥武蔵という山域でまとめたガイドブックがあります。

山域の概念を知るには便利ですが、選択肢がその山域に限られてしまいます。山域に関係なく、ベストコースを紹介したもの。ガイドブックには、2種類あります。面白いコースを選べるという点ではメリットがありますが、山域の概念を掌握するには情報不足です。どちらが、良いとか悪いとかは決められませんが、両方揃えておくことを、お勧めします。さて来週、どこの山に出かけましょうか。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

阿武隈の山々-眺めがよい富士を取り巻く面白い対象

阿武隈の山々は雪道ハイキングといった趣ですが、富士山の眺めがよい富士を取り巻く山々も冬のハイキングとして面白い対象です。陣場山だけでもよいですが笹尾根を南下したり高尾山から縦走したりいろいろなコースが …

no image

子供は遊び方がまだ分からないので教えてあげよう

アウトドアでは、子ども達のやりかたやルールの中での役割を演じたり、子どもの手にあまる状況では中に入って判断を下す手伝いをするなど、大人も参加しよう。大きくなるにつれ技術もアップするが、それに合わせてテ …

no image

キノコの面白さは、形、色にある

秋のキノコ採り。人々が押しかけて、林内の景観はボロボロになる。林床は踏み荒らされ、ここかしこにキノコが捨てられている。食べられそうにないと思うと、採ったにもかかわらずそこに捨てる。 都会の人たちが大挙 …

no image

子どもも大きくなれば寝袋を大人用にしたほうがいい

アウトドアでテントを張ったら、子供をシュラフで寝させることもあるだろう。息子のブライスは、寒いとシュラフの奥まで潜ってしまい、酸欠になりはしないかとハラハラさせた。私達は夜中何度も気になって目を覚まし …

no image

車の中で子供が泣き止まない-こんな時どうすればいいのか?

我が家の2歳児は、揺り籠、走行中のクルマ、チャイルドキャリア、と多少の振動はものともしない。しかしカヌーでのお昼線だけは苦手で、パスしてしまうか、陸に上がって散歩をしてキャリアの中で寝つくかだ。狭いト …