雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

昔は山は鍛えることなく根性で登っていたが今は違う

投稿日:

かつて山登りほどトレーニングしないスポーツは珍しいと言われたものです。根性で登る、という時代性もあったかと思います。しかし最近は運動生理学の考えもだいぶ取り入れておりますし、そのことによりいろんなことがわかってきました。余裕があれば筋力トレーニングを行った方がよいでしょう。言えることは山登りの事故で多いのが転倒、滑落など平衡性(バランス)を崩してのケースです。

個々人によってだいぶ差がありますのでトレーニング方法については専門家に確認してください。大腿四頭筋や下腿三頭筋などを鍛えた方がいいです。一般的に言えるようですが、調べてみると一分間に何歩歩けるかについては年をとっても若い時とあまり変わりません。ところが歩軸は落ちてきます。何故かというと関節の筋肉が落ちて、膝を上げたり伸ばしたりする力がなくなるためです。日常生活でも身体の動きの能力を決めるのは脚力だと言えます。老化は脚からと言いますがまさしくその通りなのです。

脚を上げられないから

脚を上げられないから歩幅がとれず、つまずいて転びやすくなります。高齢になればなるほど自分でも気がつかないのがバランス感覚の崩れです。注意するにこしたことはありません。少しでも脚力、体力を向上させることが事故を未然に防ぐことになります。下り途中の事故も多く報告されています。登るトレーニングはできても下るトレーニング、つまり大腿四頭筋を伸張するトレーニングは街の中ではなかなかできないものです。

また、私は運動生理学に関しては門外漢なので詳細はわかりませんが、ランニング中の死亡ということもあるくらいなので医師と相談しながら行った方がいいでしょう。強い疲労感もなく、ややきつい程度の運動強度の出し方としての方法をご紹介します。最大酸素摂取量の五〇%に相当する有酸素運動ということで、目標心拍数の出し方として一三八-(年齢÷二)という計算方式もあるようです。これですと六〇歳の方は一三八ー(六〇:二)=一〇八という数値が出てきます。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

キャンプ場での色々な注意点

キャンプ場での色々な注意点などについて紹介していこう。キャンプ場に着いたらまず、キャンプ場管理事務所に行って受付をすませます。多くの場合、テントを張る場所は指定されているが、もし自由に選べるとしたら、 …

no image

山のトイレ、ゴミと自然保護の問題

・山のトイレ、ゴミと自然保護 人間は自分自身が楽しむため、心を癒すために山・自然を利用します。それがほどほどであればよかったのですが、度を越したために問題になってきました。ゴミのポイ捨てをやめたり、む …

no image

フリース素材のバラクラバなどで子供の防寒対策

ハイキングに行く際、子供にどんな服を着せたらいいでしょうか?寒い時期には、子供が風邪をひかないように、防寒対策はバッチリしておきたい。フリース素材など、選択肢は少なくない。冬期には一つで間に合わないこ …

no image

川などで子供と遊ぶ場合の楽しみ

川などで子供と遊ぶ場合、水温が十分暖かいこと、水が浅いこと、ウェアはナシあるいは濡れてもよいものであること、これがルール。水の量で楽しさが決まるわけではない。ウグイを追いかけ、カエルを捕まえようと夢中 …

no image

クマに出会ったらどうするか練習しておく

子どもの遊び場は親がまず下見をして、危険がないか確認する。男の子達に人気のナイフ。個人差もあるが、6~8歳になれば、正しい使いかたを教えてあげよう。ある家族の6人兄弟は、7歳までに全員ポケットナイフが …