雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山で雷に遭ったときの対処法

投稿日:

・雷には逆らうべからす

地震、雷、火事、親父、とはかつて怖いものの代名詞でした。山で遭う地震は怖いと思いますが、よほど運が悪くなければ遭うことはありません。ぼくは山を始めて50年になりますが、山で地震に遭ったのは一度だけです、という人も多いようです。山火事には遭ったことがありませんし、親父の権威は大分前から失墜しています。しかし、山には熊という怖いオヤジが生息しています。熊の被害はときどきニュースになります。被害のほとんどは登山者でなく、山菜採りやキノコ採りの方たちが出会い頭に遭遇して、被害に遭っているのが実情のようです。

ただし、雷だけは違います。スズメバチやヒルにも遭いたくはありませんが、山で遭いたくないものの筆頭です。雷には主として、熱雷と界雷があります。界雷は、前線に伴う雷です。熱雷は盛夏、カンカン照りの日に発生するものです。むくむくと積乱雲が湧き、雷雲となり、頭上は真っ暗になって、凄まじい光と音。朝6時の御前崎と富士山頂との気温差が25度以上あると、90パーセントの確率で発雷すると、山の天気の本には書いてあります。どちらも激しい上昇気流が積乱雲を発生させるようです。身も心も縮み上がってしまいます。

凄まじい雷雲に遭遇したそう

ある登山家は、北アルプスの後立山連峰で、凄まじい雷雲に遭遇したそうです。中に潜り込んで待つこと1時間、雷鳴も遠ざかったように思うので、そろそろ行動を再開しようかなと思ったら、またまた稲妻と雷鳴、雷雲が完全に通り過ぎるまでもう1時間、じっと待ってから行動を再開したそうです。雷雲は、1時間か2時間で通り過ぎるので、その間じっとガマンして待つしかありません。木の下や岩陰はむしろ危険です。行動中に雷雲に捕まってしまったら、できるだけ低い場所に身を避けて、やり過ごすこと。

しばらく先で、人が倒れている。近くにいた人に聞くと、1時間ほど前に雷撃を受けたということでした。雷雲が通り過ぎたと判断して、行動を再開した直後のことだったと言います。雷雲が完全に通り過ぎてから、行動再開することが大切です。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

雪山は簡単に思えるかもしれませんが

雪山は簡単に思えるかもしれません。北アルプスの冬でも天気がよく、トレースがある時は夏よりも楽な時があります。正月には営業している山小屋もあり、ラッセルができなくても登れます。雪山の技術はこの雪に対する …

no image

ファーストエイドキットの中身を充実させよう

アウトドア・ガイドブックで、キットの基本装備を検討し、子ども用のものを加えていく。子どもに合わせたファーストエイドキットを充実させよう。バンドエイドは最重要アイテムだ。バンドエイドは平和の使者なのだ。 …

no image

山登りの種類色々-まず歩くことを中心に考えてみましょう

山登りは、まず歩くことを中心に考えてみましょう。三〇〇〇メートル級の縦走北アルプスや南アルプスに代表されるような稜線の縦走です。残雪がある場合があり、ちょっとした雪上技術は必要になります。山小屋も比較 …

no image

おぼろ雲などの雲の特徴

おぼろ雲という雲がある。この雲が現われるのは温暖前線上であることが多いからで、細かい穏やかな雨が降る。強風が吹くことはまずない。だが山では、少し注意する必要がある。山頂付近では濃霧となり、やや生暖かい …

no image

ピクニックの時の子供のおやつ

キャンプのときには、子どもには、おやつは食べたいときに食べさせてあげよう。退屈とか口が寂しいとか、理由はなんであっても、かんしゃくを起こされるよりはいい。朝食やおやつは簡単に取り出せるようにしておこう …