雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山で現在地がわかるように地図を広げてながめることから始めてみよう

投稿日:

べテランはガスがかかって視界が悪い時などでも一瞬のガスの切れ目などを利用して絶えず現在地を確認しているものです。ぜひ地図を広げてながめることから始めてもらいたいと思います。見通しがよく、天気もよい時には道に迷うことも少なく、道迷いの多くは森林帯で起きています。現在地を見失った時に、地形図とコンパスを用いて現在地を推定する方法もありますが、見通しが必要です。

大学教授の道迷いの研究によりますと、現在地がわからなくなると川や池などの目印から自分の現在位置を無理矢理正当化しようとするようです。登山計画書に概念図を記入するようにしているのは単なる形式ではないのです。複写してペタっと貼ったのでは効果半減です。できるだけ自分で書いて目印となる地名も覚えましょう。道迷いを防ぐには、現在地を見失わないこと、道を見失わないことが一番大切です。そのためにはまずあなたの向かう山の概念を把握していることが大切です。

自分が来た道はよい道なので見失うはずがない

自分が来た道は、よい道なので見失うはずがない、山を越して縦走するのでこの道はもう戻らないから関係ないと思って往々にしてこの確認しない人が多いのですが、登る時の合流の景色と、下りる時の分岐の景色がまったく異なることがよくあります。道はいよいよ急になり、足元を見ながら黙々と登っている人がいますが、分岐では必ず立ち止まって確認してください。分岐だけでなく道の合流点でも後ろを振り返って確認してください。道がだんだん細くなり、少し進んだがわからなくなってしまったということもよくあります。

このような時はいったんはっきりした道まで戻ってから道を探します。もう関係ないはずの所に戻る時は緊急事態のことが多いのです。この確認を怠ると天候の悪化や、疲労の中で来た道を下る時、分岐に気づかずまっすぐ尾根上の道を行ってしまったというような失敗をしてしまいます。見失った場所から探しはじめる人もいますが、深入りして元の場所に戻れなくなる危険があります。気をつけましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

フリース素材のバラクラバなどで子供の防寒対策

ハイキングに行く際、子供にどんな服を着せたらいいでしょうか?寒い時期には、子供が風邪をひかないように、防寒対策はバッチリしておきたい。フリース素材など、選択肢は少なくない。冬期には一つで間に合わないこ …

no image

日本勤労者山岳連盟などの山岳団体

日本には、山岳団体と呼ばれる団体があります。 ・日本勤労者山岳連盟 主として地域・職場・学校で作られている山岳クラブの団体加盟で構成され、各クラブは、その所在地によって、全国四七都道府県ごとに組織され …

no image

巻雲などの雲のいろいろ

気象観測では、雲をその形によって一〇の「類」に区分している。学名は層雲、高積雲、高層雲、乱層雲、層積雲、層雲、積雲、積乱雲である。この一〇種類は高さによって三つに大別される。日帰りに限らず登山において …

no image

とあるハイカー・クライマーの集いでのパネルディスカッション

子どもを作ることを真剣に考え始めたころ、とあるハイカーの集いでパネルディスカッションがもたれ、私達もスピーカーとして出席した、というある登山家。順番がまわってきて話し始めたとたん、感情が涙とともに張を …

no image

山登りの種類色々-まず歩くことを中心に考えてみましょう

山登りは、まず歩くことを中心に考えてみましょう。三〇〇〇メートル級の縦走北アルプスや南アルプスに代表されるような稜線の縦走です。残雪がある場合があり、ちょっとした雪上技術は必要になります。山小屋も比較 …