雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山で現在地がわかるように地図を広げてながめることから始めてみよう

投稿日:

べテランはガスがかかって視界が悪い時などでも一瞬のガスの切れ目などを利用して絶えず現在地を確認しているものです。ぜひ地図を広げてながめることから始めてもらいたいと思います。見通しがよく、天気もよい時には道に迷うことも少なく、道迷いの多くは森林帯で起きています。現在地を見失った時に、地形図とコンパスを用いて現在地を推定する方法もありますが、見通しが必要です。

大学教授の道迷いの研究によりますと、現在地がわからなくなると川や池などの目印から自分の現在位置を無理矢理正当化しようとするようです。登山計画書に概念図を記入するようにしているのは単なる形式ではないのです。複写してペタっと貼ったのでは効果半減です。できるだけ自分で書いて目印となる地名も覚えましょう。道迷いを防ぐには、現在地を見失わないこと、道を見失わないことが一番大切です。そのためにはまずあなたの向かう山の概念を把握していることが大切です。

自分が来た道はよい道なので見失うはずがない

自分が来た道は、よい道なので見失うはずがない、山を越して縦走するのでこの道はもう戻らないから関係ないと思って往々にしてこの確認しない人が多いのですが、登る時の合流の景色と、下りる時の分岐の景色がまったく異なることがよくあります。道はいよいよ急になり、足元を見ながら黙々と登っている人がいますが、分岐では必ず立ち止まって確認してください。分岐だけでなく道の合流点でも後ろを振り返って確認してください。道がだんだん細くなり、少し進んだがわからなくなってしまったということもよくあります。

このような時はいったんはっきりした道まで戻ってから道を探します。もう関係ないはずの所に戻る時は緊急事態のことが多いのです。この確認を怠ると天候の悪化や、疲労の中で来た道を下る時、分岐に気づかずまっすぐ尾根上の道を行ってしまったというような失敗をしてしまいます。見失った場所から探しはじめる人もいますが、深入りして元の場所に戻れなくなる危険があります。気をつけましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供が山で低体温症の症状になってしまわないために

山では、子供が低体温症の状態になってしまうこともある。初期症状はひどい悪寒、めまい、言語不明瞭、シャツのボタンをかけるなど機械的な動作ができなくなるなど。場所や時刻に関係なく、その場ですぐテントを張る …

no image

山のゴミ問題-持ち帰りは今や常識です

・ゴミは持ち帰るべし 現在では、ゴミの持ち帰りは常識になっています。山に限らず、きれいな方が気持ちはいいに決まっているから、登山者も学習してきたということでしようか。昔々、日本の山はゴミだらけでしたが …

no image

ピクニックの時の子供のおやつ

キャンプのときには、子どもには、おやつは食べたいときに食べさせてあげよう。退屈とか口が寂しいとか、理由はなんであっても、かんしゃくを起こされるよりはいい。朝食やおやつは簡単に取り出せるようにしておこう …

no image

糖原病の子供-アウトドアに対する情熱でハイク

ある家族のお話。アウトドアに対する情熱は、バリーとシャロンにとっては体の一部とさえいえる。生後4カ月で糖原病と診断された。原因は軽い風邪でも、そのせいで消化機能に支障をきたせば、発作を起こして取り返し …

no image

登山用レインウェアはツーリングの際におすすめ

自転車用トレーラーでツーリングをする際、普通の登山用レインギアが十分役に立つ。ポンチョはスソがパタパタし、チェーンやスポークにからまるのでダメ。すぐにあがりそうな雨なら、自転車用トレーラーを閉めきれば …