雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山での服装や身の回りの確認など

投稿日:

・身の回りの確認と衣類

衣類は、登山口に着いて休んでいる時は暖かくしておいていいですが、出発する時はやや寒い(涼しい)かな、と思う程度の方が歩き出してから体が温まり、結果としてほどよい温度になるようです。地図、水などよく使うものはザックのサイドポケットとか出しやすいところにしまっておきましょう。靴紐はどうでしょうか、パッキングはどうでしょうか。靴を選ぶ時つま先を緩めにする、歩く時は靴紐は足首に近い方をしっかりきつく締めましょう。また、風の強さ、気温の変化等天候により各人に合わせた温度調節、レイヤードが必要になって来ます。

・準備運動と整理運動

出発前の準備運動で気持ちだけでなく体も柔らかくさせたいですね。眠かった人もきっと目をさますでしょう。
頭もきっとすっきりしてきます。登山活動を終えてからの整理運動は、疲労回復を促進する効果があると言われています。夜行で来た人、朝早く起きた人、体が固まっています。登山に限らずどんな運動でもそうですが準備運動は捻挫、骨折などを未然に防ぐ意味で大きな効果があります。

計画再確認

計画書は登山届けポストには忘れずに入れておきましょう。万が一の時には捜し出すための有効な手段になります。
最近上砂崩れがあり道が変わったなどという時はよく注意しておきましょう。どこにでもあるとは限りませんが、案内板が設置してあればよく見て、コースを確かておきましょう。地図や計画書と照らし合わせることも必要です。

・山の天候

山では、たとえば富山県の剣沢で尾根の向こうの地獄谷の硫黄の臭いがすると天気が悪くなる証とか、後立山で遠く剣岳に黒い雲がかかるとすぐに悪天になるというのは経験的に言われていることです。山に限ったことではありませんが、その地域に長く住んでいると気圧とか湿度の変化を体で微妙に感じ取り、天候変化の兆しがわかる人もいるそうです。登山中もそうですが、観天望気といって風の向き、雲の形から経験的に天候を予測することがあります。一〇〇%確実ではありませんが、機会をみて勉強してはいかがでしょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供の正しい教育はアウトドアで行うこともできる

あらゆる手を尽くして子どもの機嫌をとっても、効果がまるでないときはどうしよう。かんしやくを起こされたら?アウトドアでどうやって子どもを律しよう?かんしゃくとは、たまったフラストレーションの爆発だ。アウ …

no image

信夫山の登山-日帰りで楽しめるスポット

福島市のほぼ真ん中にポッカリと信夫山が鎮座している。信夫山は富士山のような独立峰だから、山頂からは福島の市街地や吾妻・安達太良連峰の眺望がきく。ここは山頂近くまで道路が整備されているため、車でも上に行 …

no image

アウトドアで子供が勉強できることはたくさんある

アウトドアでは、子供に教えられることは本当にたくさんある。キャンプファイヤーを利用して正しい火の扱いかたを教え、気をゆるめたら山や森がどうなるのか話し合った。松ぼっくりの種はいかに発芽し親木の陰で幼木 …

no image

山は登る力だけでなく総合的な力が必要となります

とにかく生還するために読んでもらいたい本があります。それは青梅警察署山岳救助隊の隊長の書かれた奥多摩登山考という本です。この本にはこれでもかというくらいに中高年の遭難の実例が出てきます。登山者数が多い …

no image

ハナミズキはタマネギ形のつぼみを形成する

ブナのつぼみは、小さな槍に見える。ハナミズキは、タマネギ形のつぼみを形成する。こんなときはルーペが役に立つ。小枝を丹念に調べることができるからである。葉の落ちた跡を薬瓶というが、これがさまざまな顔や生 …