雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

山で病気に子供がかかってしまわないために

投稿日:

子どもの小さな体は脱水症状に陥りやすく、理性で水分補給をしないぶん、赤病なんかにやられると非常に危険だ。ある人の7歳の娘がウイルス性の病気になった。気分が悪いと言うやいなや、父親が眼鏡を取り出す間もなく、突然幅吐と下病が同時に始まった。2人のシュラフ、テントは汚れてしまった。バケツやビニール袋を用意する暇もない。彼自身も服を着替えて、シュラフやテントの汚れを拭き、次に穴を掘って排池物を埋めた。娘をテントの外に連れ出し、着替えを手伝って清潔にし、スタッフバッグに入っていた食料を全部捨てて、汚れものを中に詰めた。

懐中電灯を頼りに駐車場まで歩き、そのあとはホテルに泊った。翌日は土砂降り。その中をあの体調で下山するのはキツいに違いない。このようにしっかり後片づけができれば、歩くのが辛い距離なら留まってもよかったくらいだ。けれど娘の幅吐と下病は夜通しだったから、てきぱき行動してあとでゆっくり休めたのは正解だった。

下病止めもぜひ持っていこう

下病止めもぜひ持っていこう。下病をすると脱水状態になりやすいので、小さな子にはとくに気をつけてあげたい。予備のウェア、バンダナ等雑市代わりになるものがいかに重要か、ボブにはよい教訓となった。空っぽのコッへルかビニール袋を枕元に置いて眠ることも学んだ。また、低体温症と熱射病にも気をつけたい。低体温症とは、体の志の温度がかなり低くなり、外部からの処置なしに体温上昇は不可能な状態である。

外気温、風冷え、湿気、疲労、空腹、そして精神的なものが影響し合った結果起こる。あと、高所は旅の計画に入れない。標高を上げるのは1日300材まで。子どもの神経組織はデリケートで未熟そのうえ体調の変化を言葉で表わせないこともある。高所障害は、体をゆっくり標高に慣らしていけば避けられる。出発前に地図を調べ、細かいスケジュールを決めてキャンプ指定地を見つけ、近くの街の標高を確認する。そのために迂回することになっても、急がば回れである。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

銀座カラーでの全身脱毛の体験談

ある時、私の嫁が全身脱毛をしたいと言い出しました。嫁が、実際に全身脱毛を体験して、かなりよかったというサロンがあり、そのサロンが、「銀座カラー」で、日本全国に店舗を構える超有名店でした。 嫁が脱毛サロ …

no image

車椅子でハイキングするある家族の話

ある家族の話。オコナー家のメーロン君は、先天性の脳性麻痺で下半身不随、車椅子生活だ。けれど、自然をこよなく愛する両親ケイトとパトリックは、そんなことでくじけない。メーロンにもその素晴しさを体験させてあ …

no image

キャンプにはランタンがおすすめ

夜のキャンプには、ぜひとも欲しいものがランタン。ランタンは、キャンプの色々な場面で役に立つアイテムである。さまざまなタイプのものがでてるが、ストーブとの燃料統一ができるものを選びたい。ただし、必要以上 …

no image

防寒、保温の徹底で子供を守る

そりで引くにしろ、キャリアで担ぐにしろ、防寒保温は徹底すること。素材でいえば、木綿はタブー。何枚もレイヤードしておき、必要に応じて加減する。防風・防水・透湿性の高いアウターウェアも重要なアイテムだ。ウ …

no image

ガレ場、ザレ場、木の階段などを登山で歩く際の注意点

ここでは、登山の時に遭遇する木の階段やガレ場などの特徴を紹介していきます。 ・木の階段 歩きにくいからといって脇を歩くのは注意した方がよさそうです。現実には脇を歩いた跡がたくさんありますが、この木の段 …