雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

薬害エイズ事件の背景-その真実と概要-経緯と原因

投稿日:2015年10月30日 更新日:

基本的には、薬害肝炎は薬害エイズと同じく、輸入売血を使った血液製剤を加熱せずに使用したために、エイズだけでなく、肝炎ウイルスにも感染したという話である。

血液製剤というのは、一人分の血液からはそんなにたくさんとれない物質を、多くの人(何千人分といわれる)の血液を集めて抽出して、その成分を患者さんに投与するというものだ。だから当然、きちんとした処理をして投与しないと、どんな感染が起こるかわからない。

血液というのは、さまざまなウイルスが入りやすい。だから多くの伝染病は、ウイルスで汚染された血液を、たとえば蚊が吸って、それをほかの人の血管に刺すことでうつったりする。あるいは、輸血でウイルス病がうつることも昔から知られている。

輸血肝炎というのはその代表的なものだ。だから、医療の世界では血液は「汚い」ものの代表的なものとされたから素手で触る人はいなかった。

薬害エイズ事件の時、血友病の治療に使う物質を血液製剤として使っていたのだが、その血液製剤を加熱することでエイズのウイルスが死滅することがわかり、加熱製剤が発売されてから、血液製剤による感染がとまったとされる。

薬害エイズ事件というのは

薬害肝炎の事件は、いくつかの点で薬剤エイズのときと比べて話がややこしい点がある。一つは、薬害肝炎の場合は、単なる加熱だけでは完全に感染を食い止めることができず、界面活性処理をするようになってから感染が治まったという点で、一部のものについては当時の技術について製薬会社を責めるのは酷という要素があることだ。

薬害エイズ事件というのは、加熱製剤が発売されてからも、危険な非加熱製剤の自主回収がまともに行われなかったために被害が拡大した。これが薬害エイズ事件の基本的な筋である。

一方で、薬害エイズと違って、一九七七年にはすでに感染の危険が指摘され、アメリカではフイブリノゲン製剤の承認が取り消しになっていた。外国で危ないといわれてから日本で使われた期間の長さという点では、薬害エイズよりも性質が悪いといえる。ただ、基本的な構造は、薬害エイズ事件の時と同じである。

薬害エイズ事件のような悲劇は、二度と起こしてはならない。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

病院で患者が立て続けに運ばれることを「ツイてる」というが

T医師は、診察も早く手術の腕もいい。だが、彼が当直する晩は、どういうわけだか急患がやたら多い。その夜の当直がT外科医と一緒、とわかったとたん、看護婦、麻酔医、警備員に至るまでの病院関係者が口をそろえて …

no image

日本の医学部は偏差値が高すぎると批判されるが

日本の医学部は偏差値が高すぎると批判されるが、外国と比べて医学の世界に優秀な人材が集まっているから、国や企業の体制がしっかりすれば外国より有利になる。「臨床はリッチだが、基礎は貧乏」という図式も崩れ始 …

no image

医者の紹介状があるからといって特別扱いは期待しない

ある日、初めて受診する患者さんがいました。たとえば、患者さんとして訪れた人が、かつての同級生だったなんてこともあります。診察室では、びっくりするような突然の出会いがあるようです。本人が診察室に入る前に …

no image

医者の向き不向きなど

もともと医者向きの性格などという人がそんなにたくさんいるのか疑問だし、性格的には献身的で人助けが好きでも、たとえば記憶力がさっばりだったり判断力がさっぱりで、結果的に正しい治療ができずに患者さんを死な …

no image

女医の当直室での過ごし方

当直の勤務は本当に大変です。緊張感を保つということは、本当に大変なことのようです。リラックスはできない。急に具合の悪くなった患者さんは、診察しなければなりません。原則として病院からは外出してはいけませ …